リール (フランス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リール
Blason de Lille
De gueules à la fleur de lis florencée d'argent.
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ノール=パ・ド・カレー地域圏
(département) ノール県
(arrondissement) リール郡
小郡 (canton) 9 (19自治体)
INSEEコード 59350
郵便番号 59000, 59033, 59800
市長任期 マルティーヌ・オブリー (社会党)
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) Lille Métropole Communauté urbaine
1,091,438 habitants (2005年)
人口動態
人口 224 900人
2005年
人口密度 6103人/km²
都市的集積地域 (fr) 1 230 000人(2007年)(都市圏、フランス領)
都市圏  (en 1 902 966人(2008年)(都市圏、フランス領とベルギー領)
住民の呼称 リロワ、リロワーズ
地理
座標 北緯50度38分05秒 東経3度03分46秒 / 北緯50.6346度 東経3.0629度 / 50.6346; 3.0629座標: 北緯50度38分05秒 東経3度03分46秒 / 北緯50.6346度 東経3.0629度 / 50.6346; 3.0629
標高 平均:25 m
最低:18 m
最高:46 m
面積 34,83km² (3483ha)
リールの位置
リール
公式サイト

www.mairie-lille.fr


テンプレートを表示

リールフランス語Lille, オランダ語フラマン語:Rijsel)は、フランス北部の都市で、ベルギーと国境を接するノール=パ・ド・カレー地域圏の首府、ノール県の県庁所在地である。

概要[編集]

リールを含む一帯は、中世にはフランドル伯の領地であったので、フランドル・フランセーズ(Flandre française)と呼ばれることがある。リール市民はリロワ(Lillois)と呼ばれる(女性形はリロワーズ Lilloise)。シャルル・ド・ゴールの生地である。

大学が多く、9万人の学生がいる。

地理[編集]

リールとその近郊は、フランドル・ロマンと呼ばれ、歴史的はフランドル伯領であった。ダンケルクと違い、フラマン語圏には入らない。リールではフラマン語が話されていたという言い伝えと異なり、一度もリールがフラマン語を話す街であったことはなく、ロマン語の方言を話す地域であった。

歴史[編集]

ポルト・ドゥ・パリ
ルイ14世に敬意を表し建設された。

リールは伝承によると、フランスのフランドル地域の中心地として640年に築かれた。しかし、文献の中にリールが現れるようになったのは、1054年のことである。

先史時代ガロ=ローマ時代に占領された痕跡が見られる。

中世には、Deûle(デュール)と呼ばれる運河化された河川による土地の恵みと、繁栄していたフランドル伯領内の他の街との交易によって、リールは発展した。そして12世紀に、毛織物の市が立つようになった。

Mons-en-Pévèle(モンサンペベル)の戦いの後、1304年から1369年の間、初めて国王の領地に取り入れられた。リールはブルゴーニュ公フィリップ2世(豪胆公)が統治する三大主要都市の一つになる。1477年にリールはハプスブルク家に渡った。

15世紀にはユグノー戦争に巻き込まれる。1555年、リールで初めての弾圧が起こり、また1560年からのユゥル(Hurlus:反逆するプロテスタントの称)の宗教戦争では、1580年と1582年にリールは占拠されかけた。

1667年、リールはネーデルラント継承戦争でフランス軍に包囲・占領される(リール包囲戦)。1668年のエクス=ラ=シャペル条約で併合が公表され、シャルル・ダルタニャンが総督となる。しかし1708年のスペイン継承戦争では、ヴォーバンによって構築された要塞が攻略されてしまい(リール包囲戦)、1713年までリールはヨーロッパ同盟の手中となった。

リール都市の工業化は19世紀に始まる。大陸封鎖令により繊維工業が増進し、1800年には人口が53000人を記録、1891年には200000人を越えた。1896年、リールでギュスタブ・デロリーが、フランスにおいて初めての社会党員市長となった。

1914年10月から1918年まで、リールはドイツに占領される。占領時、“18橋”と呼ばれる武器弾薬庫の激しい爆発が起こる。街は破壊され、その爆音はオランダの中心にまで聞こえたと言われる。この爆発はリール街中に膨大な公害を生み出し、人々を苦しめた。

1929年の世界恐慌では、影響がリールにも及び、1935年には3分の1のリロワが貧窮に苦しんだ。

第二次世界大戦後には、リールが生業としていた繊維業、石炭業、金属業界の恐慌に直面する。

1980年代以降リールは、ウラリールTGV英仏海峡トンネルなど大型施設の恩恵の下、サービス業に眼を向けている。

気候[編集]

リールは西岸海洋性気候である。夏は高温になることはないが、冬は零度以下になる。降水量は年間通じてある。

リールの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 14.8
(58.6)
18.9
(66)
22.7
(72.9)
27.6
(81.7)
31.7
(89.1)
34.8
(94.6)
36.1
(97)
36.6
(97.9)
33.8
(92.8)
27.5
(81.5)
20.1
(68.2)
15.9
(60.6)
36.1
(97)
平均最高気温 °C (°F) 6
(43)
6
(43)
9
(48)
12
(54)
17
(63)
19
(66)
22
(72)
23
(73)
19
(66)
14
(57)
9
(48)
7
(45)
13.6
(56.5)
平均最低気温 °C (°F) −1
(30)
−1
(30)
2
(36)
4
(39)
8
(46)
11
(52)
13
(55)
13
(55)
11
(52)
7
(45)
4
(39)
2
(36)
6.1
(43)
最低気温記録 °C (°F) −19.5
(−3.1)
−17.8
(0)
−8.8
(16.2)
−4.7
(23.5)
−2.3
(27.9)
0.0
(32)
3.4
(38.1)
3.9
(39)
1.2
(34.2)
−4.4
(24.1)
−7.8
(18)
−17.3
(0.9)
−19.5
(−3.1)
降水量 mm (inch) 48
(1.89)
41
(1.61)
43
(1.69)
43
(1.69)
51
(2.01)
56
(2.2)
61
(2.4)
58
(2.28)
56
(2.2)
64
(2.52)
61
(2.4)
58
(2.28)
640
(25.2)
出典: フランス気象局[1]

行政[編集]

市役所[編集]

1235年にコミューンが形成され、またフランドル女伯およびエノー女伯ジャンヌ・ド・コンスタンティノープル(frラテン皇帝ボードゥアン1世の娘)によって与えられた憲章によって、市長と市助役が、毎年トゥーサンの日に王が任命した4人の委員によって選ばれるようになった。

リール圏の発展[編集]

街の拡大[編集]

リールは、近隣のコミューンの合併により拡大していった。

  • 1858年 : エスケルム、フィーヴ、ムーラン=リール、ワゼム
  • 1977年 : エレム=リール
  • 2000年 : ロム

1970年以降、リール圏内の市は合併先を探し、近隣コミューン協議をした。これはグラン=リール計画と呼ばれている。この計画は、リールがノール県の首都としては、2500haあたりの人口がわずか20万人に足りるか足りないかという程度から、オギュスタン・ローラン、ピエール・モーロワ、そしてマルティーヌ・オブリーと歴代の市長が手がけてきた。市長の役割は、この首都圏共同の舵取りと発展を図り、リールを大きくしていくことにあった。

1966年から1967年にかけて、ロンシャン、レゼム、エレム、ロムの街へオギュスタン・ローランは提案するが拒否された。1976年にはピエール・モーロワが、ロンシャン、エレム、レゼム、モン=ザン=バルールヴィルヌーヴ=ダスクの5コミューンに、連合合併の案を出す。エレムが唯一このとき賛同し、1977年4月に統合が公式となる。さらに、マルティーヌ・オブリーが2000年にロム市に向け再度提案し、2000年2月22日に政府協議会からの承認が下り、リールはようやく人口20万人を越える人口となった。

リール圏拡大はその後、収束の様子を見せはじめた。新しいコミューンとの合併は地域の住民投票による批准が必要となったためである。2000年のこの二つの市の合意時には、リール近郊の12のコミューンの市長が、参加型民主主義英語版の不在を訴えるため、彼らのコミューン内で、リールとの合併への意識調査をした。最も合併に賛同者が多かったのがラ・マドレーヌ市だったが、好意的票は16%であった。[2]

経済[編集]

企業[編集]

[[ファイル:Chambre de commerce - Lille - 2003-21-09.jpg|thumb|200px|リール商工会議所] (2004年12月)

リール リール 首都圏
企業数 8,341 31,496
工業 8,86% 14,99%
卸売業 9,27% 10,85%
小売業 24,65% 23,43%
サービス業 57,22% 50,73%
社員数0-9人 90,23% 86,30%
社員数10-49人 8,40% 10,97%
社員数50人以上 1,37% 2,72%


雇用[編集]

失業率 変遷
2004年12月31日 2003年12月から2004年12月 1999年12月から2004年12月 1994年12月から2004年12月
リール郡 12,9% +0,2% +0,3% -1,1%
リール雇用圏 12,0% +0,3% +0,3% -0,7%
フランス国内 9,9% 0,0% -0,3% -1,8%


リール市はまた、国家の公務職(特に再編成された国の行政機関の中の地方行政、リールに設置されているリール公立三大学のうち一校など)、公立病院業務(リール南部にある地方医療センターは一番の雇用者数)、そして地方公務職(県議会、地域圏議会)、准公務職(SNCFEDFの地域支部、フランスの銀行、INSEE(国立統計経済研究所)、INPI(国立工業所有権研究所))などの、たくさんの公務職の恩恵にあずかっている。これら公務職の大部分はSaint-Sauveur(サン・ソヴール)地区に集まっている。

交通[編集]

Lille entre Londres, Bruxelles & Paris

教育[編集]

16世紀スペイン帝国の下、ドゥエにいくつかの大学が招致された。19世紀後半、それらの大学が、当時設置されたリールのカトリック系大学に抵抗するため、リールに移転された(1875年)。 カトリック系の三つの大学(法学、文学、自然科学)は1877年に、リールカトリック大学と言う名で統合され、ヴォーバン・エスケルム地区の中心に設置された。以後つねにリール史に登場するその大学は、現在では、文学及び人文科学法学自然科学テクノロジー経済学医学神学経済学、そして経営学の6つの学部を持つにいたる。 平行して、公立の単科大学は、リールの総合大学として、リール国立高等芸術職業学校に統合する形でリール・サントル地区の中心、ルイ14世大通りに設置された。よって、学生を招くためのたくさんの建物が、ジャン=バプティスト・ルバ大通りとジャンヌ・ダルク通りとの間に建設される。 1968年5月に起こった学生運動により、リールもまた他の地域と同様、大学を郊外に移転する契機となった。 1971年には、政府はリールに3つの主軸総合大学を設立。

  • リール第1大学(数学、物理学、化学、情報科学、オートメーション工学、地質生物学、農業工学、経済科学、地理学、社会学)
  • リール第2大学(法学、医学、薬学、歯学、スポーツ身体科学技術、経営学)
  • リール第3大学(人文科学、文学、芸術)

20世紀の最後の10年間は、大学の部分的リール帰りが起こった。ヴュー-リール地区にリール第1大学に所属する企業経営学院(Institut d'administration des entreprises)が開設され、1991年にはリール政治学院(Institut d'études politiques de Lille)が法律学部のあるムーラン地区に設置された。

1999年、国立統計経済研究所(INSEE)によると、リールはパリリヨン、そしてトゥールーズに続いて、フランスで4番目に多い85000人の学生を抱える街となった。2003年にはリール首都圏は、144000人以上の学生(そのうち98000人が大学の学生、29000人がBTS、IUT、IUPのセミ・プロフェッショナルの学生、そして17000人がグランゼコールの学生)を数えるまでとなった。(雑誌ラントルプリーズの資料より)

また、日本の文部科学省認定の補習校(ノールパドゥカレー補習授業校(ノール=パ・ド・カレー日本人学校)公式サイト【現地名】Ecole Japonaise du Nord - Pas de Calais)がリール市隣接のラ・マドレーヌ市に設置されている。

文化[編集]

「ポルト・ドゥ・パリ」(パリの門)の上
  • 1976年設立の、現在ジャン=クロード・カザドゥスが率いるリール市国立交響楽団は、年に120を越えるコンサートを行っている。
  • リールは2004年欧州文化首都に選ばれ、同年に歴史文化都市の称号も与えられた。
  • フランスで2番目に大きい美術館がある。2009年、リールの近くの町ランス(Lens)にルーブル美術館の分館が建てられる予定。

美術館・博物館[編集]

  • 大砲博物館(リール)
  • リール自然博物館 (1822年:リール)
  • オスピス・コンテス美術館 (1237年:ヴュー-リール)
  • ド・ゴール将軍の生家(リール)
  • リール市立美術館 (パリのルーブル美術館に次ぐ、フランスの第2の美術館:リール)
  • 現代美術館(ヴィエヌヴダスク)
  • 科学・技術フォーラム(ヴィエヌヴダスク)
  • 芸術・産業博物館「ラ・ピシンヌ」(ルーベ)
  • 労働界古文書館(ルーベ)
  • トゥルコワン市立美術館(トゥルコワン)

劇場[編集]

  • 国立劇場
  • オペラ座
  • セバストポール劇場
  • ル・プラト(Le Prato)
  • ラ・ローズ・デ・ヴァン(La Rose des Vents)
  • バレー・デュ・ノール(Ballet du Nord)
  • アトリエ・リリック(Atelier Lyrique)

スポーツ[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]


リール出身の人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Weather Information for Lille”. World Weather Information Service. 2009年1月1日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ résultats communes par communes avec le taux de participation La Mairie de Lille avait appelé les sympathisants socialistes de ces communes a boycotté le scrutin

外部リンク[編集]

公式

観光