コペンハーゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コペンハーゲン
København
上から: クリスチャンスボー城、フレデリク教会、チボリ公園、市庁舎前広場
上から: クリスチャンスボー城フレデリク教会チボリ公園市庁舎前広場
コペンハーゲンの市章
市章
位置
コペンハーゲンの位置の位置図
コペンハーゲンの位置
コペンハーゲン都市圏の範囲の位置図
コペンハーゲン都市圏の範囲
座標 : 北緯55度40分30秒 東経12度34分8秒 / 北緯55.67500度 東経12.56889度 / 55.67500; 12.56889
歴史
発見 1000年頃
行政
 デンマーク
 地域 デンマーク首都地域
 市 コペンハーゲン
市長 Ritt Bjerregaard
デンマーク社会民主党
地理
面積  
  市域 88.25 km2
人口
人口 (2012年現在)
  市域 557,920人
  市街地 1,213,822人
  都市圏 1,947,944人
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
公式ウェブサイト : http://www.kk.dk/

コペンハーゲンドイツ語: Kopenhagen [kopənˈhaːgən])、クブンハウンケブンハウン)(デンマーク語: København 発音 [kʰøb̥m̩ˈhɑʊ̯ˀn] ( 聞く)コゥペンヘイゲン(英語: Copenhagen [ˌkoupənˈheigən])は、デンマーク首都。市名はデンマーク語の"Kjøbmandehavn"(商人たちの)に由来する。「北欧パリ」と比喩される。

概説[編集]

コペンハーゲンはデンマーク東部のシェラン島の東端に位置する[1]。デンマーク最大の都市で、自治市の人口は52万人。

コペンハーゲンはコペンハーゲン湾に位置し、湾はシェラン島とアマー島との間の水道の北端部でもありエーレスンド海峡に面している。海峡対岸はスウェーデンスコーネ県マルメ市、ルンド市で、道路・鉄道橋/トンネルであるオーレスン・リンクによって繋がる。それらを含めた都市圏人口は190万人に達し、北ヨーロッパ最大級の都市圏である(エーレスンド地域)。

日本の民間研究所2016年に発表した「世界の都市総合力ランキング」では、世界19位と評価された[2]。一方、アメリカのシンクタンクが2016年に発表した世界都市ランキングでは世界42位と評価された[3]

歴史[編集]

コペンハーゲンのあるシェラン島周辺は、古代ローマ時代にはハフニア (Hafnia) と呼ばれたが、辺境の地の島とみなされていた。

都市としてのコペンハーゲンの起源は、1000年ころスヴェン1世とその息子クヌート大王によって良港として発見されたのが最初である。

最初期の港の位置はコペンハーゲン湾奥部(シェラン島アマー島との間の水道[4])の現在のホイブロ広場にあり[5]、目の前には小島(スロッツホルメン島)があった。エーレスンド海峡に臨む港は漁港から次第に商業の要衝へ発展を始めた。

1167年にロスキレ司教アブサロンスロッツホルメン島城塞を築き、都市建設の始まりとされる。これはデンマーク王による国内統一の過程として行われた。1254年にはヤーコプ・エルランドセン司教から都市の特許を受けた。しかしハンザ同盟と対立し市街地および城塞は度重なる攻撃を受けた。1417年に城塞はロスキレ司教からデンマーク王の所有へ移った。

1658年から1659年にはカール10世指揮下のスウェーデン軍に包囲され、激しく抵抗した(北方戦争)。この戦役は「氷上侵攻」としても知られている。

1801年にはデンマーク艦隊と英国艦隊(パーカー提督指揮)の間でコペンハーゲン湾内で戦闘が行われ、デンマーク艦隊は撃破された(コペンハーゲンの海戦)。この戦いではイギリス艦隊副司令官のホレーショ・ネルソン提督が活躍した[6]

1807年、デンマークがナポレオンに服属しないよう、英国遠征軍がコペンハーゲンを砲撃し、旧市街に甚大な被害が出た。

1850年代までに旧市街を囲んでいた城壁は取り壊された。これにより旧市街の衛生状態も改善した。

第二次世界大戦の間のコペンハーゲンは、デンマークの他の地域と同様、1940年4月9日からドイツ軍に占領された1943年までを「モデル被占領国」、それ以後から1945年5月4日までを「抵抗の時代」と呼んでいる。1943年8月、デンマーク政府と占領軍との協力体制が崩壊したとき、ドイツ軍に利用されないように、何隻かの船がデンマーク軍によってコペンハーゲン湾に沈められた。

2000年オーレスン・リンクが開通し、エーレスンド海峡をまたいで、スウェーデンのマルメと鉄道及び道路で結ばれた[7]

気候[編集]

コペンハーゲンの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 2
(36)
3
(37)
6
(43)
11
(52)
16
(61)
19
(66)
21
(70)
21
(70)
17
(63)
12
(54)
7
(45)
4
(39)
11.6
(52.9)
平均最低気温 °C (°F) −1
(30)
−2
(28)
0
(32)
3
(37)
7
(45)
11
(52)
13
(55)
13
(55)
10
(50)
7
(45)
3
(37)
0
(32)
3
(37)
降水量 mm (inch) 53
(2.09)
33
(1.3)
43
(1.69)
43
(1.69)
46
(1.81)
56
(2.2)
74
(2.91)
61
(2.4)
61
(2.4)
59
(2.32)
66
(2.6)
61
(2.4)
656
(25.83)
出典: World Weather Information Service 2008-01-06

経済[編集]

同国の経済の中心であり、世界的な海運会社A.P. モラー・マースク、ビール会社のカールスバーグ、製薬会社ノボノルディスクの本社などが置かれている。

文化[編集]

ストロイエ (Strøget) はコペンハーゲン中心地の歩行者通りで、1961年に発足した。コペンハーゲンの広大な歩行者道路網はこの四十年で建築家兼大学教授であるヤン・ゲールの手によって発達した。

コペンハーゲン・ジャズ・フェスティバルは長年続いてきた重要なジャズ・シーンの結果として生まれた有名な年中行事の一つである。1960年代はじめにコペンハーゲンにアメリカのジャズ・ミュージシャンたち、ベン・ウェブスタータッド・ジョーンズリチャード・ブーンアーニー・ウィルキンスケニー・ドリューエド・シグペンボブ・ロックウェル、ロック・ギタリストのリンク・レイたちが訪れたときに、このシーンは顕著な発展をみせた。

男女同権性差における対等性 (Sexual Equality) はデンマークでは高い優先順位が与えられている。女性はコペンハーゲンではほとんど、あるいはまったく差別に遭遇しないだろうし、セクシャルハラスメントも他の西洋諸国の首都に比べればまれである。

コペンハーゲンはゲイおよびレズビアン旅行者にとって人気のある目的地になっている。活発な同性愛者のコミュニティが存在し、夜間の娯楽の選択肢もたくさんある。主要な一年のうちでのゲイ及びレズビアンのお祭りはコペンハーゲン・プライド(かつてのマーメイド・プライド・パレード)である。これは大規模な告解火曜日のような浮かれ騒ぎで、毎年八月はじめのある土曜日に行われる。デンマーク人は非常に、さまざまな種類の「新しい」ライフスタイルに対して寛容であり、同性愛者たちはほかのすべての人と同じように自由に自己を表現できる。デンマーク最大の同性愛者のクラブはパン・クラブ・コペンハーゲンである。

コペンハーゲンは昼夜パーティが行われているような不夜城都市であり、無料で娯楽を求めるならストロイエを、とくにコンゲンス・ニュー広場からホイブロ広場までの間を散歩しさえすれば、特に午後から夕方にかけては、音楽家、マジシャン、ジャグラーなどの大道芸人たちによって、さながらサーカスのようになる。

1996年の欧州文化都市(現欧州文化首都)に選出された。将来的なカーボン・ニュートラル計画、自転車レーンの構築などの環境政策などが評価され、2012年6月には2014年の欧州環境首都に選出された[8][9]

文化施設[編集]

学術、教育[編集]

スポーツ[編集]

2つの強豪サッカークラブ、ブレンビーIF (Brøndby IF) とFCコペンハーゲン (FC København) はコペンハーゲンを本拠にしている。 近年ではブロンビーが1985年以来、デンマーク・スーペルリーガ(デンマーク・リーグ)に10度優勝、デンマーク・カップでは5度の優勝を成し遂げ、デンマーク史上もっと成功したクラブとなった。FCコペンハーゲンは過去20年での獲得タイトルはリーグ4回、カップ3回である。FCコペンハーゲンのホームグラウンドはデンマークのナショナル・スタジアムであるパルケン・スタディオン

デンマーク・サッカーの二番目の水準のリーグ(デンマーク1stディヴィジョン)に参加している注目すべきコペンハーゲンのクラブとしては、FCアカデミスク (AB)、ヘレルップIK (HIK)、ボルドクルベン・フレム、ブロンショー、スクヨルドが挙げられる。

コペンハーゲンは3つのアイスホッケーチーム、レドフレ・ミヒティ・ブルズ (Rødovre Mighty Bulls)、ヘルレフ・ホルネッツ (Herlev Hornets) そしてノルトスイェラント・コブラズ (Nordsjælland Cobras) を有している。

男女両方のハンドボールチームがあり、両チームとも上級リーグでプレーしている。

「デンマーク・オーストラリアン・フットボール・リーグ」がコペンハーゲンを本拠とし、英語圏以外では最大のオージーフットボール・リーグである。

デンマーク式の40オーバー・ルールのクリケット・クラブの複数がコペンハーゲンをホームとしている。デンマークは1966年以来国際クリケット評議会の準会員だったが、このスポーツは学校ではそれほど教えられていない。

交通[編集]

コペンハーゲンの交通網

空港[編集]

コペンハーゲン空港(カストロップ空港)が市中心から南東約10kmに位置する(アマー島内)。日本から直行便が就航している。

空港内には2つの鉄道駅がある:

鉄道[編集]

デンマーク国鉄(DSB)がコペンハーゲン中央駅 (Københavns Hovedbanegård) へ乗り入れている。またコペンハーゲン近郊電車である S-Tog(エス・トー)[11]を運行している。

他の市内主要駅:

地下鉄[編集]

コペンハーゲン地下鉄 (Metro Copenhagen) があり2002年にM1路線が開業した。北欧で4番目の地下鉄。2007年にはコペンハーゲン空港駅まで分岐するM2路線が開業した。新たな路線(コペンハーゲン中央駅へも連絡)を建設中である。

バス[編集]

コペンハーゲン市交通局が市バスを運行している。

S-Tog、DSB、地下鉄とも共通のゾーン運賃体系となっており、乗り継ぎ(1時間以内)には追加運賃は発生しない。また、デンマーク国内公共交通にはRejsekort(プリペイド式非接触カード)が導入されている。

自転車[編集]

大きな通りには歩道と車道の間に自転車専用レーンがある。自動車と同じく右側通行であり逆走はできない。また、青信号の際に、時速20km/hで走行すると、決して赤信号にかからないよう、信号機も工夫されている。これにより、自転車通勤・通学の利便性も向上した。

  • Bycyklen:レンタル自転車システム

船舶[編集]

コペンハーゲン港と北欧各首都、主要都市を結ぶラインが毎日運行されている。またバルト海クルーズなどのクルーズ船も出航している。2012年には372隻の大型客船が寄港し約84万人の乗客が訪れた。

名所、旧跡[編集]

1905年に完成し高さ106mの塔を持つ[12]

広場・歩行者通り[編集]

近郊[編集]

姉妹都市[編集]

出身の有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大陸に国土を有しながら、島に首都があるのは、デンマークのコペンハーゲンと赤道ギニアマラボのみである。
  2. ^ 世界の都市総合力ランキング(GPCI) 2016 森記念財団都市戦略研究所 2016年11月2日閲覧。
  3. ^ Global Cities 2016 AT Kearney 2016年11月2日閲覧。
  4. ^ この水道は近世に埋め立てが進むまでは3km以上の幅があった。
  5. ^ Skaarup, Bi (1999). "Strandenge og kystlinien i den ældste tid". In Gautier, E.; Skaarup. B.; Gabrielsen, K.; Kristiansen, M.; Ejlersen T. (eds.). Historiske Meddelelser om København 1999 (in Danish).
  6. ^ この戦闘においてネルソンがパーカー提督の戦闘停止命令を無視し、見えない方の片目に望遠鏡を当ててとぼけたという逸話が有名である。
  7. ^ 鹿島建設株式会社 (2001年). “橋の歴史物語”. 2017年5月29日閲覧。
  8. ^ 欧州グリーン首都賞駐日EU代表部
  9. ^ 欧州委員会、2014年「欧州グリーン首都」賞はコペンハーゲンに決定国立環境研究所環境展望台 2012年6月29日
  10. ^ 参照:コペンハーゲン解釈
  11. ^ S-Togはアマー島へは乗り入れない。
  12. ^ 300年で0.4秒の誤差しか生じないという精密な天文時計がある。
  13. ^ 地下鉄駅がある。

関連項目[編集]

  • イヤマ(スーパーマーケット・チェーン)

外部リンク[編集]

公式
観光