湿地遺体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トーロンマン

湿地遺体(しっちいたい、Bog body)はピートボグ泥炭地)の中で自然にミイラ化(屍蝋化)した人間死体である。湿地遺体は世界各地域で見られ、紀元前9000年から第2次世界大戦期までのものが知られている[1]。いずれの湿地遺体も泥炭中から発見されているが、その保存の程度はまちまちで、全身が保存されたものもあればだけのものもある[2]

多くの古代人の遺体と異なり、湿地遺体は特殊な周辺環境(強酸性、低温、酸素の欠乏)のおかげで皮膚内臓が保存されている。ただし泥炭に含まれる酸がリン酸カルシウムを溶かしてしまうため、骨の保存状態は概してよくない。

現在知られている最古の湿地遺体は、デンマークで発見されたKoelbjerg Womanと呼ばれる人骨で、これは紀元前8000年(中石器時代)に位置づけられる[1]。軟組織が保存された湿地遺体で最古のものはCashel Manで、紀元前2000年(青銅器時代)に位置づけられる。トーロンマンなどの著名な事例を含む、ほとんどの湿地遺体は鉄器時代のもので、北欧、特にデンマークドイツオランダイギリスアイルランドで多く発見されている。トーロンマンなど鉄器時代の湿地遺体は、殺害されたことや衣服を身にまとっていないことなどが共通し、そこから生け贄に捧げられたか罪を犯したために処刑され、泥炭に埋まったと考える考古学者もいる[1]。最も新しい湿地遺体は、第2次世界大戦時、ロシア湿原で殺害された兵士のものである[1]

ドイツの科学者であるAlfred Dieckは、彼が1939年から1986年にかけて数え上げた1,850体以上もの湿地遺体のカタログ出版した[3][4]。しかしその多くは文献や考古学的発見によって検証されたものではなく、[5]2002 年にドイツの考古学者が行った分析では、ディックの報告の大部分は信頼できないと結論づけられている[5]

保存のプロセス[編集]

泥炭中の湿地遺体は、人為的なミイラ化によるものではなく、自然現象によって保存されたものである[1]。これは、泥炭地特有の物理的・科学的組成に起因する[6]。泥炭の種類の違いは遺体の保存状態に影響し、Raised bogでは完璧に保存された湿地遺体が出土するのに対し、フェンやTransitional bogでは軟組織は保存されず、骨だけになっていることが多い[6]

遺体の保存に適した泥炭地は数が限られており、その多くは海水域に近い寒冷地にある[7]。例えばHaraldskær Womanが発見されたデンマークのある地域の場合、北海から湿原に吹く潮風が、泥炭の発達に適した環境をもたらしていた[8]。新しい泥炭が古い泥炭に置き換わる際、下層の古い物質が腐敗し、フミン酸を放出する。フミン酸はと同程度のpHがあり、ピクルスと同じ理屈で遺体を保存する[9]。また泥炭地は水の交換が行われない環境で形成される。この環境下では強酸性かつ酸素が欠乏するため、有機物の分解に関わる地下の好気性生物は不活性化する。また研究の結果、水温の低い(4℃以下)冬から早春のあいだに埋没したことが遺体の保存に大きく関わっていることがわかっている[9]。低温下ではフミン酸が組織の腐敗が始まる前に浸透し、細菌の増殖速度が落ちるため、遺体の保存を可能にしている[9]

泥炭の化学的環境は、有機酸アルデヒドが高濃度で存在する飽和酸性環境を伴う。嫌気性の酸性泥炭中では、革製品などの有機物が保存される。現代の研究者は泥炭環境を実験室内でつくり、Haraldskær Womanが2500年かけて保存されたのと同じプロセスをより短い時間で再現することに成功している。発見された大部分の湿地遺体は、完全には保存されずある程度腐敗している。湿地遺体は通常の大気にさらされると急速に分解されてしまうため、多くの資料が失われた。1979年の段階で保存されていた湿地遺体は53体である[10][11]

各時代の湿地遺体[編集]

中石器時代から青銅器時代[編集]

現在分かっている最古の湿地遺体はデンマークで発見された Koelbjerg Womanで、紀元前8000年と鑑定されている[1]

紀元前3900年頃、デンマークで農耕文化が始まったが[12]、この時代の湿地遺体の多くは16歳から20歳の間に死んだことを示しており、そこか生け贄や処刑された犯罪者であるという説が提唱されている[13]青銅器時代の湿地遺体は、紀元前2000年Cashel Manがある。

鉄器時代[編集]

湿地遺体の大部分は鉄器時代のものであるが、この時代の北欧には現在よりも広い範囲で泥炭地が存在した[14]

人々は泥炭地を重要視し、そこに青銅製や金製の首輪、リストレット、足輪などを奉納した。考古学者のP.V. Globは、これらは「豊穣と幸運の神々への供物」としている[15]。そこから、鉄器時代の湿地遺体も同じような理由、すなわち神への捧げ物として生け贄にされた人々の遺体と推測されている[16]

多くの湿地遺体には殴られたり、刺されたり、首を絞められたり、あるいはこれらを組み合わせて殺された痕跡が確認されている。また首が切断されていた個体もあった。1948年にドイツ・オスタービー英語版近郊で発見されたオスタービーマン英語版は頭部だけが泥炭に埋められていた[17]。またいくつかの遺体には拷問の痕跡があり、例えばオールドクロウハンマン乳首の下に深い切り傷が残されている。デンマークで発見されたトーロンマンは、首の周りに彼を絞殺するために使われたが残されていた。またオランダで発見されたイデガール英語版のように、側頭部の毛髪がそり落とされていた例も確認されている(ただしこれは側頭部が外気にさらされていたためにほかの部分より早く分解された結果の可能性もある)。

死体は普通裸で、時折頭巾をかぶっている。彼らの衣服は、泥炭に長い間埋まっていたために分解された、と言われている[18]。いくつかの例では遺体の上に時折交差した形で小枝や石や棒が置かれ、また叉状の棒が押し込まれていることもあった。考古学者のP.V. Globによると、これは遺体を泥炭の中にしっかりと押さえつけておこうとしたことを示している[19]

いくつかの湿地遺体は上流階級の人物だったようで、爪の手入れが行き届いており、毛髪に含まれるタンパク質の検査結果から日常的に良好な栄養状況だったことが分かっている。ストラボンは、ケルト人は生け贄の内臓を使って占いを行ったことを記録している。実際に北オランダで発見されたウェールディンゲメン英語版は、一部の内臓が切開部から引き抜かれていた[20]

現代の法医学的分析では、折れた骨や砕かれた頭蓋骨は、拷問によるものではなく、泥炭の重量によるものであることが分かっている[21]。例えば、グラウベールマンの頭蓋骨骨折は頭部への打撃によって引き起こされたとされていたが、デンマークの科学者が行ったCTスキャンの結果、死後長い間泥炭から圧力を受け続けたことによるものだったことが判明した[21]

中世から近代[編集]

アイルランドで発見されたMeenybradden Womanは16世紀頃の女性で、おそらく自殺したために教会に埋葬されず、泥炭に埋められたと考えられている[22]。またポーランド北東部のMasurian Lake Districtでは第一次世界大戦時に戦死したロシア兵とドイツ兵の湿地遺体が発見されている[4]

著名な湿地遺体[編集]

現在までに数百体の湿地遺体が回収・研究されたが[23]、特に保存状態の優れた、著名な湿地遺体を以下に挙げる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Fischer 1998. p. 237.
  2. ^ Van der Sanden 1996. p. 7.
  3. ^ Dieck, Alfred (1965) (German). Die europäischen Moorleichenfunde (Hominidenmoorfunde). Neumünster: Wachholtz. pp. 136pp. 
  4. ^ a b Glob, Peter Vilhelm (1969). The Bog People: Iron Age Man Preserved. London: Faber and Faber. pp. 101. 
  5. ^ a b Eisenbeiß, Sabine (2003). Bauerochse, Andreas. ed. Bog-bodies in Lower Saxony - rumours and facts: an analysis of Alfred Dieck's sources of information. Peatlands: archaeological sites, archives of nature, nature conservation, wise use; proceedings of the Peatland Conference 2002 in Hannover, Germany. Rhaden/Westf.: Leidorf. pp. 143-150. ISBN 3-89646-026-9. 
  6. ^ a b Fischer 1998. p. 238.
  7. ^ Dente, Jenny (2005). Bog Bodies: Reluctant Time Travelers. El Paso: University of Texas. 
  8. ^ Silkeborg Museum The Tollund Man - Preservation in the bog”. Silkeborg Museum and Amtscentret for Undervisning, Aarhus Amt, 2004. 2008年8月20日閲覧。 pg=Tollundman.dk (デンマーク語)
  9. ^ a b c (Silkeborg Museum 2004, p. Tollundman.dk) (デンマーク語)
  10. ^ Gill-Frerking, Heather. "Bog Bodies-Preserved from Peat." Mummies of the World. Ed. Wilfried Rosendal and Alfried Wiczorec. 2009. 63. Print.
  11. ^ Hajo Hayen: Die Moorleiche aus Husbäke 1931. In: Archäologische Mitteilungen aus Nordwestdeutschland. 2, 1979, ISSN 0170-5776, S. 48-55.
  12. ^ Official Danish history @http://denmark.dk/en/society/history/
  13. ^ Bennike 1999. p. 29.
  14. ^ Glob, Peter Vilhelm (1969). The Bog People: Iron Age Man Preserved. London: Faber and Faber. pp. pp. 121–125.. 
  15. ^ Glob, Peter Vilhelm (1969). The Bog People: Iron Age Man Preserved. London: Faber and Faber. pp. 136. 
  16. ^ Vergano, Dan. "Bog bodies baffle scientists." USA Today. Ed. John Hillkirk. N.p., n.d. Web. 14 Dec. 2011. [1].
  17. ^ Glob, Peter Vilhelm (1969). The Bog People: Iron Age Man Preserved. London: Faber and Faber. pp. 116-117. 
  18. ^ Glob, Peter Vilhelm (1969). The Bog People: Iron Age Man Preserved. London: Faber and Faber. pp. 107. 
  19. ^ Glob, Peter Vilhelm (1969). The Bog People: Iron Age Man Preserved. London: Faber and Faber. pp. 105. 
  20. ^ Deem, James M. Mummytombs.com. N.p., n.d. Web. 21 Nov. 2011
  21. ^ a b Karen E. Lange, "Tales from the Bog", National Geographic, September 2007, retrieved 23-04-2009
  22. ^ Irish Peatland Conservation Council - information sheets - Bog Bodies
  23. ^ Lange, Karen E. (2007). “Tales From the Bog”. National Geographic (September 2007). http://ngm.nationalgeographic.com/2007/09/bog-bodies/bog-bodies-text.html. 

トリビア[編集]

ピーター・メイ『忘れゆく男』早川文庫 2015年 p.95 スコットランドのルイス島で、湿地の泥炭を掘る現場で発見された湿地遺体の謎を探るミステリ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]