潮風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

潮風(しおかぜ)とは、海岸付近において、の満ち引きによる海水の流れがある時に吹くのうち、海から陸の方向へ吹くものを指す。

塩風の影響により、海水が吹き上げられて波飛沫となり、内陸部奥深くまで運ばれ、海岸線からやや離れた地域にまで塩害が発生することがある。これを避けるために植栽されるのが防潮林である。

関連項目[編集]