防潮林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

防潮林(ぼうちょうりん)は、海岸において津波高潮潮風などを防止を目的として造成または維持管理されている森林

保安林、防砂林[編集]

日本の防潮林のほとんどは森林法に基づく保安林潮害防備保安林及び飛砂防備保安林)に指定されており、治山事業等により持続的な管理がなされている。なお、神奈川県藤沢市から平塚市にかけた湘南海岸など一部の海岸では、砂防法に基づく砂防指定地(砂防林)として管理されている例もある[1]

効果[編集]

樹種[編集]

出典[編集]

  1. ^ 湘南海岸砂防林 神奈川県、2010年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ、2017年9月23日閲覧。

参考文献[編集]

  • 宮脇昭「瓦礫を活かす「森の防波堤」が命を守る 植樹による復興防災の緊急提言」学習研究社

外部リンク[編集]

関連項目[編集]