宮脇昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮脇 昭(みやわき あきら、1928年昭和3年)1月29日 - )は、日本生態学者、地球環境戦略研究機関国際生態学センター長、横浜国立大学名誉教授。

岡山県川上郡成羽町(現・高梁市成羽町)出身。広島文理科大学生物学科卒業。元国際生態学会[1][2]会長[3]。児童文学者の宮脇紀雄は兄。

人物・来歴[編集]

宮脇が「混植・密植型植樹」として提唱する鎮守の森篠山市

国内外で土地本来の潜在自然植生の木群を中心に、その森を構成している多数の種類の樹種を混ぜて植樹する「混植・密植型植樹」を提唱し活動している。

「日本の常緑広葉樹を主とする照葉樹林帯では土地本来の森は0.06%しか残っていない。ほとんど人間が手を入れて二次林や人工的で単一樹種の画一樹林にしてしまった。これが台風や地震、洪水などの際の自然災害の揺り戻し(2次災害)が起こる諸悪の根源である。その土地本来の潜在植生は、「鎮守の森」を調べればわかる。大抵、シイ、タブノキ、カシ類の木々が茂っているはずだ。」と言う。

とくに、「スギやヒノキ、カラマツ、マツなどの針葉樹林は、人間が材木を生産するため人工的に造林したもので、人が手を入れ続けなければ維持できない。本来の植生は内陸部ではシラカシなどの常緑広葉樹、海岸部はタブノキ、シイ等のいずれも照葉樹林が本来の姿である。現在の針葉樹では20年に一回の伐採と3年に一回の下草刈りが前提で、それをやらないと維持できない偽物の森である。マツにしても、元々条件の悪い山頂部などに限定して生えていただけのものを人間が広げてしまったのだからマツクイムシの大発生は自然の摂理である。その土地本来の森であれば、火事や地震などの自然災害にも耐えられる能力を持つが、人工的な森では耐えられない。手入れの行き届かない人工的な森は元に戻すのが一番であり、そのためには200年間は森に人間が変な手を加えないこと。200年で元に戻る」と主張している。 門下生として、藤原一繪、大野啓一、中村幸人、鈴木伸一などの生態学者を生み出している。

活動[編集]

万里の長城の宮脇プロジェクトで植えられた森

1970年、後に「宮脇方式」と呼ばれる、土地本来の植生をポット苗を用いて植える方法による環境保全林造りを初めて新日本製鐵大分製鐵所で行う。この森造りの成功によって、企業や地方自治体など宮脇方式を取り入れた森造りが盛んになった。80歳を超える現在でも精力的に植樹活動の指導を行なっている。

1980年から約10年かけて日本全国を巡り、潜在的な自然植生を調査し『日本植生誌(全10巻、至文堂)』にまとめた。

1990年から国外において、熱帯雨林再生プロジェクトに参加する。マレーシアでは、根が充満したポット苗を植樹する方法で、再生不可能とまでいわれている熱帯雨林の再生に成功する。
1998年からは、中国の万里の長城でモウコナラの植樹を行うプロジェクトを進めている。

2000年代後半ごろから、潜在自然植生論に一定の成果が見られるようになると、自然林と二次林の違い、長所、共存といった総合的な研究が求められるようになった。

また、横浜国立大学のキャンパスには宮脇が設計した森林が広がっている。

2012年6月、テレビ神奈川(tvk)社会福祉法人「進和学園」の協力による大型プロジェクト「どんぐりドリーム大作戦」を開始した。神奈川県内の「どんぐり」を拾い約3年間をかけて苗を育てた後、植樹を行う。同局の各番組内で紹介され、今後も継続的に活動を行っていく。

略年譜[編集]

紀伊田辺で潜在自然植生による植樹を指導する宮脇昭(2007年)

著作物[編集]

単著[編集]

  • 『植物と人間 生物社会のバランス』(NHKブックス)、1970年
  • 『人類最後の日 自然の復讐』筑摩書房 ちくま少年図書館、1972年
  • 『生きものの条件 植物生態学の立場から』柏樹社・柏樹新書、1976年
  • 『緑の証言 滅びゆくものと生きのびるもの』東京書籍 東書選書、1983年
  • 『森はいのち エコロジーと生存権』有斐閣 (人権ライブラリイ) 、1987年
  • 『緑回復の処方箋 世界の植生からみた日本』朝日選書、1991年
  • 『緑環境と植生学 鎮守の森を地球の森に』NTT出版、1997年
  • 『森よ生き返れ』大日本図書(ノンフィクション・ワールド) 1999年
  • 『いのちを守るドングリの森』集英社新書、2005年
  • 『苗木三〇〇〇万本いのちの森を生む』日本放送出版協会、2006年
  • 『木を植えよ!』新潮選書、2006年
  • 『森が泣いている (森は地球のたからもの 1)』ゆまに書房、2007年
  • 『森は生命の源 (森は地球のたからもの 2)』ゆまに書房、2008年
  • 『森の未来 (森は地球のたからもの 3)』ゆまに書房、2008年
  • 『地球環境へのまなざし あなたとあなたの愛する人のために』日本放送出版協会(NHKシリーズ) 、2008年
  • 『いのちの未来』サンガ、2009年
  • 『三本の植樹から森は生まれる 奇跡の宮脇方式』祥伝社、2010年
  • 『4千万本の木を植えた男が残す言葉』河出書房新社、2010年
  • 『瓦礫を活かす「森の防波堤」が命を守る 植樹による復興防災の緊急提言』学研新書、2011年
  • 『「森の長城」が日本を救う 列島の海岸線を「いのちの森」でつなごう!』河出書房新社 2012年
  • 『増補新版 瓦礫を活かす森の防波堤』学研パブリッシング、2013年
  • 『森の力-植物生態学者の理論と実践』講談社、2013年

共著[編集]

編著[編集]

  • 『藤沢市の植生 都市環境保全に対する植物社会学的基礎研究』藤沢市生活環境部環境みどり課、1972年
  • 『横浜市の植生 都市の環境保全とみどりの環境創造に対する植物社会学的研究』横浜市、1972年
  • 『神奈川県の潜在自然植生神奈川県、1976年
  • 『日本の植生』学習研究社、1977年4月
  • 『日本植生誌』(全10巻、至文堂)、1980年-89年
  • 『日本植物群落図説』奥田重俊共編著、至文堂、1990年2月
その他地方自治体の植生調査多数

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ : International Association for Ecology、略称はINTECOL。デジタル大辞泉『INTECOL』 - コトバンクより。
  2. ^ The International Association for Ecology(英語) - 公式サイト
  3. ^ History | The International Association for Ecology(英語)参照。名前が"Akira Miyaki"と誤って記されている。
  4. ^ 連邦植生図研究所とも表現できる。後のドイツ連邦自然保護・景観生態学研究所ドイツ語版、1993年以降はドイツ連邦自然保護庁ドイツ語版英語版の一部。
  5. ^ 日本列島の水田植生の群落学的研究並びに中部欧州との比較考察|書誌詳細|国立国会図書館オンライン
  6. ^ A World Disrupted: The Leading Global Thinkers of 2014 | Akira Miyawaki(英語)
  7. ^ 後藤新平の会 - 第9回(2015年)(2015年6月25日時点のアーカイブ
  8. ^ Keith Reid - Profiles - University of Tasmania, Australia(英語) - タスマニア大学のキース・リードのプロフィールページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]