宇井純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇井 純
生誕 1932年6月25日
日本の旗 日本 東京都新宿区
死没 (2006-11-11) 2006年11月11日(満74歳没)
日本の旗 日本 東京都港区
居住 東京都世田谷区沖縄県那覇市
研究分野 環境工学衛生学下水道公害問題
研究機関 日本ゼオン東京大学
オランダ国立衛生工学研究所、
沖縄大学
出身校 東京大学
主な業績 水俣病の原因究明
新潟水俣病訴訟
公開自主講座「公害原論」
下水処理問題
回分式酸化溝(沖縄型)
国際環境NGOフォーラム
影響を
受けた人物
荒畑寒村[1]、パスフィーア、平仲信明
影響を
与えた人物
中西準子石牟礼道子[1]
主な受賞歴 UNEPグローバル500賞
アジア太平洋環境賞
プロジェクト:人物伝

宇井 純(うい じゅん、1932年(昭和8年)6月25日 - 2006年平成18年)11月11日)は、日本の環境学者、公害問題研究家。沖縄大学名誉教授富田八郎のペンネームで水俣病を告発し、新潟水俣病訴訟や公開自主講座「公害原論」でも活躍した。専門は下水道。化学実験を得意とし、畜産排水技術の研究開発で実績がある[2]

東京大学工学部卒業後、日本ゼオンを経て東京大学大学院修士課程修了。その後、同大学で21年間助手を務めた後、沖縄大学教授、地域研究所初代所長、特任教授を歴任。UNEPグローバル500賞、アジア太平洋環境賞等を受賞。

生涯[編集]

水俣病に出会うまで[編集]

東京都新宿区出身。「純」の名前は6月(June)生まれに由来する。2歳の時、父が茨城県の女学校に就職したため東京を離れ、以後、父の転勤に従って引っ越しを繰り返した。すでに、この2歳ごろから新聞を読み、神童といわれた。太平洋戦争中、両親の郷里である栃木県壬生町へ疎開し、敗戦後はそこで開拓団生活を送った。栃木県立栃木高等学校を経て、1956年東京大学工学部応用化学科卒業。日本ゼオンに勤務した後、1959年に東京大学大学院工学系研究科に戻り、応用化学専攻修士課程修了、博士後期課程から土木工学専攻に所属する。

日本ゼオン勤務時代、塩化ビニール工場の製造工程で使用した水銀の廃棄に関わっていたことから、水俣病有機水銀説に衝撃を受け[3] 、大学院生時代から水俣に足を運び、合化労連の機関紙に富田八郎(とんだやろう)のペンネームで連載した記事により、水俣病の問題を社会に知らしめる発端を作った。

東京大学助手[編集]

1965年に新設の都市工学科衛生工学コース助手(実験担当)となる。専門は下水道。助手就任の1965年に新潟水俣病が発生し、実名での水俣病告発を開始したため東大での出世の道は閉ざされ、「万年助手[4]」に据え置かれた。従来の科学技術者の多くが公害企業や行政側に立った「御用学者」の活動をしてきたと批判し、公害被害者の立場に立った視点を提唱し、新潟水俣病の民事訴訟では弁護補佐人として水俣病の解明に尽力するなどの活動を展開した。

1968年から1969年にかけ、東大闘争の最も激しかった時期にはWHO研究員としてヨーロッパに留学していた。この間、オランダ国立衛生工学研究所において、パスフィーア老師から酸化溝による排水処理技術を学ぶ[2]

帰国した1970年より、公害の研究・調査結果を市民に直接伝え、また全国の公害問題の報告を現場から聞く場として公開自主講座「公害原論」を東京大学工学部82番教室にて夜間に開講。以後15年にわたって講座を続け、公害問題に関する住民運動などに強い影響を与えた[5]。こうした活動は大学当局にとっては非公認の活動であったが、外部からは、同時期に都市工学科の助手だった中西準子とともに「東大都市工学科の良心」とみなされることもあった。

沖縄大学教授[編集]

沖縄国際大学教授となっていた玉野井芳郎の呼び掛けに応じて[6]1986年、21年間にわたった東大助手の職を辞し、沖縄大学法経学部教授に就任。沖縄の環境問題をはじめとして世界的な環境問題に取り組むとともに、公害論の授業(月曜日2コマ及び6コマ)を担当した。新石垣空港の反対運動[7]や、ベトナムの産業公害調査[8]ニカラグア共和国レオン市の下水道調査も行っている[9]晩年は畜産排水の研究に従事し、沖縄における牛や豚の排水処理で一定の成果を収めた[10]

また、沖縄サミット直前の国際環境NGOフォーラム開催に尽力した[11]

沖縄大学名誉教授[編集]

2003年、沖縄大学を退職し名誉教授の称号を授与された。「九条の会」傘下の「九条科学者の会」呼びかけ人にも名を連ねている[12]

2006年11月11日、胸部大動脈瘤(りゅう)破裂のため、東京都港区の病院で死去した。74歳[13]。死後、日本ボランティア学会や現代技術史研究会の会誌で追悼特集が組まれた[14][15][16]

人物[編集]

自主公開講座や水俣病、大学批判等が有名だが、宇井は自身を技術者であると強調した[17]。公害問題の文献調査から、技術者の歴史観の重要性を指摘している[18]

書道家の宇井紀子、長女は環境コンサルタントの佐田美香。弟倬二は東京工業高等専門学校の化学の教師で、細野秀雄の恩師。宇井兄弟二人で細野を育てる。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

主要著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

セレクション[編集]

  • 宇井純 『原点としての水俣病』 藤林泰、宮内泰介、友澤悠季 編、新泉社〈宇井純セレクション1〉、2014年7月ISBN 978-4-7877-1401-5
  • 宇井純 『公害に第三者はない』 藤林泰、宮内泰介、友澤悠季 編、新泉社〈宇井純セレクション2〉、2014年7月ISBN 978-4-7877-1402-2
  • 宇井純 『加害者からの出発』 藤林泰、宮内泰介、友澤悠季 編、新泉社〈宇井純セレクション3〉、2014年7月ISBN 978-4-7877-1403-9

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 鬼頭秀一, p. 3.
  2. ^ a b 宇井純 2003.
  3. ^ 宇井純「環境社会学に期待するもの(<小特集>環境社会学へのまなざし)」、『環境社会学研究』第1巻、1995年9月1日、 96-99頁。
  4. ^ 朝日ジャーナル 1985d.
  5. ^ “天声人語”. 朝日新聞. (1985年3月27日). http://ci.nii.ac.jp/els/110000485679.pdf?id=ART0000876240&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1394265258&cp= 
  6. ^ 新崎盛暉「宇井さんと沖大」、『沖縄大学紀要』第15巻、1998年3月1日、 31-33頁。(宇井純教授 大嶺哲雄教授退官記念論文集)
  7. ^ “宇井純氏=沖縄大名誉教授”. 読売新聞. (2006年11月11日). http://www.yomiuri.co.jp/national/obit/news/20061111zz21.htm 
  8. ^ 宇井純「ベトナム産業公害調査旅行報告 (1993/8)」、『沖縄大学地域研究所所報』第8巻、1994年3月20日、 1-7頁。
  9. ^ 宇井純「ニカラグア・レオン市下水道調査報告」、『沖縄大学地域研究所年報』第8巻、 27-50頁。
  10. ^ 宇井純 2003-03.
  11. ^ 沖縄環境ネットワーク世話人 宇井純「平和と環境の立場から世界に発言する 国際環境NGOフォーラム」、『自主・平和・民主のための広範な国民連合 月刊『日本の進路』2000年5月号』2000年5月
  12. ^ 「九条科学者の会」呼びかけ人メッセージ”. 九条の会 (2005年3月13日). 2014年3月7日閲覧。
  13. ^ “宇井 純さん(うい・じゅん=沖縄大名誉教授、環境科学)”. 北海道新聞. (2006年11月11日). http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20061111&j=0028&k=200611115316 
  14. ^ 特集 ボランティアとして生きる ―宇井純さんを偲んで」、『日本ボランティア学会学会誌2006年度』2006年、 67-126頁。
  15. ^ 追悼特集 宇井純」、『技術史研究』第76号、2007年6月、 2-26頁。
  16. ^ 宇井純さんを悼む」、『季刊軍縮地球市民』第7巻、2007年、 8-18頁。
  17. ^ 宮内泰介 2007.
  18. ^ 宇井純「技術者の歴史観」、『沖縄大学紀要』第6巻、1989年3月31日、 19-24頁。
  19. ^ a b 高良有政「ノーベル賞を超える歴史的業績」、『沖縄大学地域研究所年報』第17巻第3号、2003年3月31日(<特集>宇井純初代所長退職記念)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]