細川一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

細川 一(ほそかわ はじめ、1901年9月23日 - 1970年10月13日)は新日本窒素肥料株式会社(後のチッソ株式会社)水俣工場附属病院長であり、水俣工場が引き起こした水俣病の症状を公式に発見した医師である。

人物[編集]

愛媛県西宇和郡三瓶村(後の三瓶町、現在の西予市)生まれ。1927年東京帝国大学医学部を卒業。

1936年、日本窒素肥料株式会社に入社。朝鮮咸鏡北道慶興郡(現在の北朝鮮恩徳郡)にある阿吾地工場の附属病院長に就いた。1941年、水俣工場附属病院長に就任。その後軍医としてビルマに赴任した。1947年に復員し、水俣工場附属病院長の職に戻る。1950年財閥解体により日本窒素肥料は新日本窒素肥料となった。

1956年5月1日、「原因不明の中枢神経疾患の発生」を水俣保健所に報告。この日が水俣病公式発見の日とされる。

1957年5月 猫に水俣工場廃液を与える実験を開始。1959年10月 廃液を投与され続けた「猫400号」が運動失調の症状を示すことを確認。水俣病の原因は工場廃液と確信するが、会社の説得によってこれを公表せず。1962年、新日本窒素肥料を辞め、愛媛県に帰郷。

1970年、肺ガンのため入院。入院中に水俣病裁判の証人として臨床尋問を受け、隠蔽されていた猫400号実験について証言。同年10月13日 肺癌のため死去。

外部リンク[編集]

  • 細川一(八幡浜・大洲地区広域市町村圏組合)