第10回参議院議員通常選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 第10回参議院議員通常選挙 国会議事堂
投票日 1974年7月7日
内閣 第2次田中角栄内閣
任期満了日 1974年7月7日
改選数 126
選挙制度 全国区制50、地方区制76
議席内訳 Japanese House of Councillors election, 1974 ja.svg
選挙後の党派別勢力図
 < 19711977 > 
参議院議員通常選挙
テンプレートを表示

第10回参議院議員通常選挙(だい10かいさんぎいんぎいんつうじょうせんきょ)は、1974年昭和49年)7月7日日本で行われた国会議員参議院議員)の選挙である。

概説[編集]

この選挙では自民党総裁・首相であった田中角栄が企業から集めた巨額の選挙資金を使い、集票を図った。田中はヘリコプターをチャーターして派手な選挙戦を繰り広げ、金権選挙と批判された。

投票日、東海地方七夕豪雨という水害に見舞われ、三重県伊勢市では投票が延期された。

選挙データ[編集]

内閣[編集]

公示日[編集]

投票日[編集]

  • 1974年(昭和49年)7月7日

改選数[編集]

  • 130議席(うち4は補充のため、任期3年)

選挙制度[編集]

  • 地方区
    • 小選挙区制:改選数26議席
      • 2人区(改選1名、単記投票):26選挙区
    • 中選挙区制:改選数50議席
      • 4人区(改選2名、単記投票):15選挙区
      • 6人区(改選3名、単記投票):4選挙区
      • 8人区(改選4名、単記投票):2選挙区
  • 全国区
    • 大選挙区制 ‐ 改選数54議席(うち4議席は補充のため、任期3年)
  • 秘密投票
  • 20歳以上の男女
  • 有権者[1]:75,356,068人
男性:36,451,277人
女性:38,904,791人

その他[編集]

  • 立候補者[1]:349名
地方区:237名
全国区:112名

主な争点[編集]

選挙結果[編集]

投票率[編集]

  • 地方区:73.20%(投票者数:55,163,900名)
  • 全国区:73.20%(投票者数:55,157,535名)

[1]

議席数[編集]

党派別得票と議席[2]
地方区 全国区 議席
合計
得票 比率 議席 得票 比率 議席
自由民主党  21,132,372 43 23,332,773 44.3% 19 62
日本社会党 13,907,865 18 7,990,457 10 28
公明党 6,732,937 5 6,360,419 9 14
日本共産党 6,428,919 5 4,931,650 8 13
民社党 2,353,397 1 3,114,895 4 5
その他の党派 332,716 1 74,346 0 1
無所属 2,609,195 3 6,820,199 4 7
53,497,401 76 52,624,739 54 130
党派別議席(改選+非改選)
政党/無所属 改選 非改選 合計
与党 62 64 126
自由民主党 62 64 126
野党 68 56 124
日本社会党 28 34 62
公明党 14 10 24
日本共産党 13 7 20
民社党 5 5 10
無所属 8 2 10
合計 130 122 252

政党・政治団体[編集]

自由民主党

総裁 副総裁 幹事長 総務会長 政務調査会長 国会対策委員長 参議院議員会長
田中角栄 椎名悦三郎 橋本登美三郎 鈴木善幸 水田三喜男 福田一 安井謙


日本社会党

中央執行委員長 中央執行副委員長 書記長 政策審議会長 国会対策委員長 参議院議員会長
成田知巳 赤松勇
飛鳥田一雄
江田三郎
安井吉典
石橋政嗣 堀昌雄 平林剛 小柳勇

公明党

中央執行委員長 中央執行副委員長 書記長 政策審議会長 国会対策委員長 参議院議員団長
竹入義勝 浅井美幸
多田省吾
二宮文造
矢野絢也 正木良明 大久保直彦 二宮文造


民社党

中央執行委員長 中央執行副委員長 書記長 政策審議会長 国会対策委員長 参議院議員会長 常任顧問
春日一幸 佐々木良作 塚本三郎 竹本孫一 玉置一徳 向井長年 片山哲
曾禰益
西尾末広


日本共産党

議長 幹部会委員長 幹部会副委員長 書記局長 政策委員会責任者 国会対策委員長 参議院議員団長
野坂参三 宮本顕治 市川正一
岡正芳
西沢富夫
袴田里見
不破哲三 上田耕一郎 松本善明 岩間正男

議員[編集]

この選挙で選挙区当選[編集]

 自民党   社会党   公明党   共産党   民社党   無所属 

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県
小笠原貞子 吉田忠三郎 対馬孝且 相沢武彦 山崎竜男 増田盛 遠藤要 山崎五郎 安孫子藤吉
福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県
野口忠夫 鈴木省吾 矢田部理 岩上妙子 大塚喬 大島友治 栗原俊夫 最上進 瀬谷英行 上原正吉
千葉県 神奈川県 山梨県 東京都
赤桐操 高橋誉冨 竹田四郎 秦野章 中村太郎 安井謙 上田哲 阿部憲一 上田耕一郎
新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 岐阜県 静岡県
亘四郎 志苫裕 吉田実 安田隆明 熊谷太三郎 小山一平 夏目忠雄 藤井丙午 戸塚進也 青木薪次
愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府
藤川一秋 三治重信 森下昭司 斎藤十朗 望月邦夫 林田悠紀夫 河田賢治 中山太郎 白木義一郎 橋本敦
兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県
中西一郎 矢原秀男 安武洋子 新谷寅三郎 前田佳都男 石破二朗 亀井久興 加藤武徳 寺田熊雄
広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県
永野厳雄 浜本万三 二木謙吾 久次米健太郎 平井卓志 青井政実 塩見俊二 小柳勇 有田一寿 桑名義治
佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
福岡日出麿 初村滝一郎 高田浩運 園田清充 岩男穎一 上条勝久 井上吉夫 久保亘 喜屋武眞榮

この選挙で全国区当選[編集]

 自民党   社会党   公明党   共産党   民社党   無所属 

1位-10位 宮田輝 市川房枝 青島幸男 鳩山威一郎 山東昭子 斎藤栄三郎 丸茂重貞 小林国司 目黒今朝次郎 田淵哲也
11位-20位 三木忠雄 秦豊 糸山英太郎 鈴木一弘 峯山昭範 片山甚市 佐藤信二 和田静夫 二宮文造 内田善利
21位-30位 山中郁子 案納勝 岡田広 江藤智 迫水久常 阿具根登 藤原房雄 太田淳夫 長田裕二 松本英一
31位-40位 坂野重信 野田哲 向井長年 大谷藤之助 内藤功 福間知之 源田実 立木洋 塩出啓典 柄谷道一
41位-50位 粕谷照美 安永英雄 上林繁次郎 神谷信之助 和田春生 山口淑子 神田博 コロムビア・トップ 渡辺武 小巻敏雄

※は補欠当選(任期3年)

51位-54位 森下泰 岩間正男 上田稔 近藤忠孝

補欠当選[編集]

この選挙で初当選[編集]

  • 衆議院議員経験者には「※」の表示。
自由民主党


日本社会党


公明党
日本共産党


民社党
茨城県興農政治連盟
無所属

この選挙で返り咲き[編集]

自由民主党
無所属

この選挙で引退・不出馬[編集]

自由民主党


日本社会党


公明党
民社党

この選挙で落選[編集]

自由民主党


日本社会党
公明党
民社党
無所属

選挙後[編集]

与党・自由民主党は苦戦し、公認のみでは非改選を含め126人となり、半数ちょうどながら過半数を失った(追加公認で過半数を維持)。苦戦の原因は、複数区・全国区での不振であった。しかし、1人区では追加公認1人を含め、25勝1敗と絶対的な強さを見せ、2人区以上と好対照の結果となった。

特に北海道選挙区(定数4)では公認候補2名を擁立したものの、これとは別に自民党の政策集団であった青嵐会が「青嵐会公認候補」と称して高橋辰夫を擁立。自民党の公認候補は高橋にかなりの票を喰われ、共倒れした(高橋も落選)。

野党は、日本社会党は1人区で自民党に歯が立たず、前回より議席を減らした。代わって議席を伸ばしたのが公明党、日本共産党で、公明党は北海道選挙区と福岡県選挙区、共産党は北海道選挙区と大阪府選挙区で初めて議席を獲得した。

全国区では自民党公認でトップ当選した宮田輝始め、2位と3位に市川房枝、青島幸男が入り、タレント候補の強さを見せた。公明、共産、タレント候補の躍進は、野党の多党化が一層進んだことを示した。

結果として、与党128、野党124という僅差となり、伯仲国会が生まれた。そして田中角栄は立花隆らによる田中金脈問題の追及を受け、12月9日に内閣総辞職に追い込まれることになる。後任は、椎名裁定により三木武夫内閣が発足した。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 佐藤令 (2005年12月). “戦後の補欠選挙 (PDF)”. 国立国会図書館. 2016年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]