玉野井芳郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
玉野井 芳郎
人物情報
生誕 1918年1月23日
日本の旗 日本 山口県柳井市
死没 (1985-10-18) 1985年10月18日(67歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東北帝国大学法文学部(現東北大学)
学問
研究分野 経済学
研究機関 東北帝国大学(現東北大学)
東京大学
ハーバード大学
沖縄国際大学
主要な作品 『マルクス経済学と近代経済学』(1966年)、『経済理論主要』(1977年)他多数
影響を
受けた人物
大河内一男
主な受賞歴 正四位勲三等旭日中綬章
テンプレートを表示

玉野井 芳郎(たまのい よしろう、1918年1月23日 - 1985年10月18日)は、日本の経済学者東京大学教養学部名誉教授正四位勲三等旭日中綬章。弟に発生学の専門家、千葉大学名誉教授の玉野井逸朗がいる。経済学者大河内一男の弟子の一人。

来歴[編集]

山口県柳井市出身。旧制柳井中学(柳井高等学校の前身)、山口高等商業学校(現山口大学経済学部)卒業。1941年東北帝国大学法文学部卒業。同大学助手、講師、助教授を経て、1951年東京大学教養学部助教授。1958年 - 1960年ハーヴァード大学に留学、1960年経済学博士、教授。1978年定年退官、名誉教授、沖縄国際大学教授。

専攻は経済理論、経済学史。後期にはエコロジーや反近代主義に関心を移し、カール・ポランニーイヴァン・イリイチを日本に紹介した。著作集全4巻がある。

著書[編集]

  • 『リカアドオからマルクスへ 古典経済学批判史』 新評論社 1954
  • 『マルクス経済学と近代経済学』 日本経済新聞社 1966
  • 『日本の経済学』 中公新書 1971
  • 『転換する経済学 科学の統合化を求めて』 東京大学出版会 1975(UP選書)
  • 『地域分権の思想』 東洋経済新報社 1977
  • 『経済理論史』 東京大学出版会 1977
  • 『エコノミーとエコロジー 広義の経済学への道』 みすず書房 1978
  • 『市場志向からの脱出 広義の経済学を求めて』 ミネルヴァ書房 1979
  • 『地域主義の思想』 農山漁村文化協会 1979
  • 『経済学の主要遺産』 講談社学術文庫 1980
  • 『生命系のエコノミー 経済学・物理学・哲学への問いかけ』 新評論 1982
  • 『地域からの思索』 沖縄タイムス社 1982
  • 『科学文明の負荷 等身大の生活世界の発見』 論創社 1985
  • 玉野井芳郎著作集』 全4巻 学陽書房 1990

共編著[編集]

  • 『経済学史』 久留間鮫造共著 岩波書店 1954
  • 『現代経済入門 資本主義はどう変わりつゝあるか』 中村隆英共著 筑摩書房 1962
  • 『マルクス価格理論の再検討』 青木書店 1962
  • 『大恐慌の研究 1920年代アメリカ経済の繁栄とその崩壊』 東京大学出版会 1964
  • 『二重構造の分析』 内田忠夫共編 東洋経済新報社 1964
  • 『現代の経済組織』 日本評論社 1970
  • 『経済学の名著』 松浦保共編 学陽書房 1973(名著入門ライブラリー)
  • 『近代日本を考える 日本のインテレクチュアル・ヒストリー』 有沢広巳共編 東洋経済新報社 1973
  • 『近代経済学の系譜 その史的再検討』 柏崎利之輔共編 日本経済新聞社 1976
  • 『経済思想史読本』 水田洋共編 東洋経済新報社 1978

翻訳[編集]

  • 『通貨原理の研究』 トマス・トゥック 日本評論社 1947
  • 『価値尺度論』 マルサス 岩波文庫 1949
  • 『経済学における諸定義』 マルサス 岩波文庫 1950
  • 『マルクス経済学研究 マルクス経済学前史 ベーム・バウェルク批判』 ヒルファディング 石垣博美共訳 法政大学出版局 1955
  • 『大恐慌 1929年の記録』 D.A.シャノン 清水知久共訳 中公新書 1963
  • 『論争・マルクス経済学』 P.M.スウィージー 石垣博美共訳 法政大学出版局 1969
  • 『経済の文明史』 カール・ポランニー 平野健一郎、石井溥共編訳 日本経済新聞社 1975 のちちくま学芸文庫
  • 『人間の経済 1-2』 ポランニー 栗本慎一郎、中野忠共訳 岩波書店 1980
  • 『シャドウ・ワーク 生活のあり方を問う』 イヴァン・イリイチ 栗原彬共訳 岩波書店 1982 のち同時代ライブラリー、岩波現代文庫
  • 『ジェンダー 女と男の世界』 イリイチ 岩波書店 1984