武谷三男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
武谷 三男
Taketani Mitsuo with his son.JPG
息子とともに(1949年)
生誕 1911年10月2日
日本の旗 日本 福岡県
死没 (2000-04-22) 2000年4月22日(88歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 理論物理学
研究機関 理化学研究所
立教大学
出身校 京都帝国大学
主な業績 三段階論及び技術論の提唱、がまん量(武谷説)の提唱、ブラジルにおける理論物理学への支援、
プロジェクト:人物伝

武谷 三男(たけたにみつお、1911年10月2日 - 2000年4月22日)は日本理論物理学者。理学博士。三段階論、技術論で知られる。

経歴[編集]

福岡県生まれ。京都帝国大学理学部を卒業後、湯川秀樹坂田昌一の共同研究者として、原子核素粒子論の研究を進めた。その一方、中井正一久野収らと共に、反ファシズムを標榜する雑誌『世界文化』『土曜日』に参加するなどしたため、2度にわたって検挙された。戦時下には理化学研究所を中心とする原子爆弾の開発(ニ号研究)にも関わっていた。1943年にロシア人医師ピニロピバルチック艦隊艦長の孫。後に武谷病院を開設)と結婚。

終戦後は、鶴見俊輔らと『思想の科学』を創刊。思想の科学研究会メンバーとして、科学史、技術論などの分野で論文を多く発表した。原子力問題でも積極的に発言し、アメリカ水爆実験を批判し、その一方で社会主義国による核保有を肯定した。広島や長崎への原爆投下については「反ファッショ」の「人道的行為」としてこれを礼賛した。安全性に関する理論は公害反対運動などにも大きな影響を与えた。1953年から1969年まで立教大学教授を務めた。

ピニロピとの間に生まれた息子の武谷光ジャズピアニストから作曲家を経て、現在は医事経済評論家。講談師の神田香織は義理の娘。

1972年原子力安全問題研究会を立ち上げた。 1976年原子力資料情報局が発足し代表になる。

業績[編集]

素粒子論[編集]

武谷の今に残る業績は、方法論などである。しかし、武谷の主たる研究活動の領域は素粒子論で、素粒子論の検討から三段階論が生まれている。武谷は、その生きた時代、湯川秀樹朝永振一郎坂田昌一と並び称された。舌鋒は鋭く朝永は、武谷の批判はきついが、たまにほめられると喜ばしいと述べている。
武谷はパリティ非保存を解明しようとしたが、若手はパリティも知らんのかと誰も武谷について行かなかった。後に、パリティ非保存はヤンとリーにより証明され、二人はノーベル賞を獲得した。武谷は残念がり、君たちは偉くなったのだ。私は若いころ群論が得意だったと述べている。
武谷三男を中心とする湯川グル-プは,1個のp中間子を交換する効果は比較的離れた領域での核力をうまく説明できる事を示した。しかし,近似を上げて2個の交換を見ると,よい結果が得られなかった。しかし、坂田模型では,基本粒子間の相互作用が元であって,湯川型相互作用はそれから導かれた近似と見做すべきことになる.名古屋グループは,この考えに基づき、粒子1個の交換ではあるが,近距離までの核力をかなりうまく説明できた。これらの成果はハドロンの複合性を素粒子反応の面からも裏付けた。

武谷理論[編集]

武谷理論とは武谷三男によって形成され、提起された科学論・科学方法論を言う[1]。主として三段階論と技術論からなる。

三段階論[編集]

三段階論とは、量子力学の認識論的問題、すなわち量子力学の測定問題及び解釈問題を解決する実用的な理論形成手法として提唱された方法論である。唯物弁証論的な実体論的方法の明確化が革新的であった。
1 現象論的段階
量子力学の範疇に入る現象で測定にかかるものをそのまま記述する段階
2 実体論的段階
上記現象の方程式を作る前に、現象論的段階に出てこない実体(模型[2]、粒子など)を知る(場合によっては新たに導入する)段階
3 本質論的段階
現象論的段階で記述される現象を、実体論的段階で導入した実体も含めて、方程式など主として数学的手法で記述する段階
影響
坂田昌一と武谷は三段階論を基礎に研究を進め、坂田昌一は名古屋大学を拠点に多くの研究者を輩出した。また、武谷は多くの研究室を訪れ、方法論を含め活発な議論を行い多くの刺激を与えた。朝永研究室も盛んに訪問している。この中には南部陽一郎もいた。
南部陽一郎は、武谷の三段階論にかんし、自分を坂田武谷哲学の信徒と述べている。南部陽一郎『素粒子論の発展』

技術論[編集]

「技術とは客観的自然法則の意識的適用である」と捉える新しい技術論を開いた。

平和および原子力関係[編集]

原子力平和利用の三原則の草案作成[編集]

武谷は、原子力平和利用の三原則として「自主・公開・民主」の草案にあたるものを提唱した。原子力基本法に書いてあるものの、公開しないので批判していた。

放射線被曝におけるがまん量としての許容量の考え方(武谷説)[編集]

武谷は、『許容量』とは安全を保証する自然科学的な概念ではなく、放射線利用の利益・便益とそれに伴う被曝の有害さ・リスクを比較して決まる社会的な概念であって、”がまん量”とでも呼ぶべきものである[3]という主旨の説を提唱した(武谷説)[4]
その後、武谷説は世界的に認められ[5]、ICRPの国際勧告においても放射線防護体系という形で反映されている。
経緯・具体内容[編集]
1954年3月1日に、ビキニ環礁での米国による第一回目の水爆実験(キャッスル作戦)に巻き込まれる形で日本の第五福竜丸が被曝したが、これを契機として原水爆実験を原因とする死の灰放射性降下物)の影響というものが世界的に大きな問題として浮かび上がることとなった[6]
被爆国である日本においては放射線被曝の人体許容量に国民の関心が集まった[7]。それに答える形で、原水爆の死の灰による放射線は米国で用いられている許容線量[8]よりも低い線量なので安全であるという主張が、実験実施国である米国側から[9]も、またそれに追従する日本の科学者からも言われた[10]
急性の放射線障害といった確定的影響(deterministic effects)であれば、ある程度大きな(閾線量を超える)線量被曝を受けなければその害はあらわれない。ところが、ガンの発生及び後の世代に現れる遺伝的影響といった現代で言うところの確率的影響(stochastic effects)については、当時(1950年代中頃)においても、閾値が存在せずかつ障害発生の確率がそれまでに受けた被曝線量の総和に比例している(すなわち、放射線被曝は微量でも有害)と考える説[11]が世界の専門学者らによって大体認められてきていた[12]
米国側などが主張した無害な量を意味した『許容量』の科学的根拠が失われていることを見抜いていた立教大学教授であった武谷は、放射線防護のための新しい考え方として、1957年に岩波新書『原水爆実験』において、『許容量』とは安全を保証する自然科学的な概念ではなく、放射線利用の利益・便益とそれに伴う被曝の有害さ・リスクを比較して決まる社会的な概念であって、”がまん量”とでも呼ぶべきものである[13]という主旨の説を提唱した(武谷説)[14]

その後、武谷説は世界的に認められ[15]、ICRPの国際勧告においても放射線防護体系という形で反映されている。

著作[編集]

博士論文
  • 『量子力学の形成と論理(理学博士)』 名古屋大学、1949年
主著
  • 『弁証法の諸問題』 理論社・勁草書房、1954年
  • 『続弁証法の諸問題』 理論社・勁草書房、1955年
  • 『原水爆実験』 岩波書店〈岩波新書〉、1957年
  • 『安全性の考え方』 岩波書店〈岩波新書〉、1967年
  • 『現代の理論的諸問題』 岩波書店、1968年
  • 『科学入門 科学的なものの考え方』、1970年
  • 『1原子模型の形成』 勁草書房〈量子力学の形成と論理〉、1972年
  • 『危ない科学技術』 青春出版社、2000年
著作集
  • 『武谷三男 著作集(全六巻)』 勁草書房。
  • 弁証法の諸問題』1、1968年6月
  • 原子力と科学者』2、1968年8月
  • 戦争と科学』3、1968年11月
  • 科学と技術』4、1969年4月
  • 自然科学と社会科学』5、1970年2月
  • 文化論』6、1969年6月
  • 『武谷三男 現代論集(全七巻)』 勁草書房。
  • 『原子力』1、1974年1月
  • 『核時代』2、1974年1月
  • 『技術と科学技術政策』3、1976年1月
  • 『思想・科学・哲学』4、1977年1月
  • 『安全性と公害』5、1976年1月
  • 『市民と政治』6、1975年1月
  • 『芸術と教育』7、1977年1月
共著
  • 湯川 秀樹, 坂田 昌一 『素粒子の探求』 勁草書房〈科学論・技術論双書〉、1965年
  • 湯川 秀樹, 坂田 昌一 『現代学問論』 勁草書房、1970年
  • 長崎 正幸 『2量子力学への道』 勁草書房〈量子力学の形成と論理〉、1991年
  • 長崎 正幸 『3量子力学の成立とその論理』 勁草書房〈量子力学の形成と論理〉、1992年
編著
  • 『死の灰』 岩波書店〈岩波新書〉、1954年
  • 『自然科学概論(第一巻)—科学技術と日本社会—』 勁草書房、1957年、改訂版(1962)。
  • 『自然科学概論(第二巻)—現代科学と科学論—』 勁草書房、1960年
  • 『自然科学概論(第三巻) —科学者・技術者の組織論—』 勁草書房、1963年
  • 『宇宙線研究』 岩波書店、1970年
  • 『原子力発電』 岩波書店〈岩波新書〉、1976年
訳書
  • クラーク・グッドマン 『原子炉入門―立教大学における講義にもとづく』 豊田 利幸, 小川 岩雄 (共訳)、岩波書店、1956年

脚注[編集]

  1. ^ 自然科学概論2(1960) p.171
  2. ^ 良く知られているように、量子力学の問題はその現象のハミルトニアンがわからなければ定式化できない。しかしながら、そのハミルトニアンは大抵、古典力学的模型を一旦考え、それを量子力学的な対応をつけて作成することとなる。したがって、古典力学的模型が見当たらない現象については定式化できないか、または新しい模型を提案しなくてはならない。
  3. ^ 原子力発電 p.71 の記述をやや変更及び強調を加えた。
  4. ^ 放射線の許容量について、日本学術会議のシンポジウムの席上における、武谷の発言は以下である。
    「放射線というものは、どんなに微量であっても、人体に悪い影響をあたえる。しかし一方では、これを使うことによって有利なこともあり、また使わざるを得ないということもある。その例としてレントゲン検査を考えれば、それによって何らかの影響はあるかも知れないが、同時に結核を早く発見することもできるというプラスもある。そこで、有害さとひきかえに有利さを得るバランスを考えて、〝どこまで有害さをがまんするかの量〟が、許容量というものである。つまり許容量とは、利益と不利益とのバランスをはかる社会的な概念なのである。」(岩波新書 『安全性の考え方』 p.123)
  5. ^ 原子力発電 p.71
  6. ^ 原水爆実験 p.15
  7. ^ 原水爆実験 p.17 特に、カツオの放射能汚染を受けて『人間の体に入る放射能はどの程度まで安全か』という内部被曝量に注目が集まった。
  8. ^ 米国では許容線量として職業人に一週間に300ミリレム、一般人はその十分の一の30ミリレムを採用していた。1 Svは100 rem、300ミリレム(mrem)は3mSvに換算される。
  9. ^ 米原子力委員会は同年11月に日本を訪れ、日米放射能会議の開催及び日米共同宣言を発表するなどした。
  10. ^ 原子力発電 p.69
  11. ^ 武谷らは『比例説』と呼んだ。現代での名称は、LNT仮説(閾線量無しの比例仮説)である。
  12. ^ 原子力発電 pp.69-70、原水爆実験 p.28
  13. ^ 原子力発電 p.71 の記述をやや変更及び強調を加えた。
  14. ^ 参考
    放射線の許容量について、日本学術会議のシンポジウムの席上における、武谷の発言は以下である。
    「放射線というものは、どんなに微量であっても、人体に悪い影響をあたえる。しかし一方では、これを使うことによって有利なこともあり、また使わざるを得ないということもある。その例としてレントゲン検査を考えれば、それによって何らかの影響はあるかも知れないが、同時に結核を早く発見することもできるというプラスもある。そこで、有害さとひきかえに有利さを得るバランスを考えて、〝どこまで有害さをがまんするかの量〟が、許容量というものである。つまり許容量とは、利益と不利益とのバランスをはかる社会的な概念なのである。」(岩波新書 『安全性の考え方』 p.123)
  15. ^ 原子力発電 p.71

関連項目[編集]

著作発表雑誌

関連人物[編集]

参考文献[編集]