朝永振一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
朝永 振一郎
(ともなが しんいちろう)
Tomonaga.jpg
朝永振一郎
生誕 1906年3月31日
日本の旗 日本 東京府東京市小石川区
死没 (1979-07-08) 1979年7月8日(73歳没)
研究分野 物理学
研究機関 京都帝国大学
理化学研究所
東京教育大学
プリンストン高等研究所
出身校 京都帝国大学
主な業績 繰り込み理論の発明による量子電磁力学の発展への寄与
主な受賞歴 文化勲章1952年
ノーベル物理学賞1965年
勲一等旭日大綬章1976年
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1965年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:量子電気力学分野での基礎的研究

朝永 振一郎(ともなが しんいちろう、1906年(明治39年)3月31日 - 1979年(昭和54年)7月8日)は、日本物理学者相対論的に共変でなかった場の量子論超多時間論で共変な形にして場の演算子を形成し、場の量子論を一新した。超多時間論を基に繰り込み理論の手法を発明、量子電磁力学の発展に寄与した功績によってノーベル物理学賞を受賞した。東京生まれで、少年時代以降は京都育ち。なお、朝永家自体は長崎県の出身。武蔵野市名誉市民[1]

生涯[編集]

1906年、東京市小石川区小日向三軒町(現在の文京区小日向)に長崎出身の父親朝永三十郎と埼玉県出身の母親の子として生まれた(朝永家、2男2女の第二子)。幼少期は病弱であったと伝えられる。

1913年、父三十郎の京都帝国大学教授就任に伴い一家で京都市に転居し、錦林小学校に転校する。三十郎は、後に京都学派の哲学者の一員として知られるようになる。朝永は次第に自然に興味を持つようになり、虫眼鏡で実験を行ったり、電信機や顕微鏡レンズを自作するなどしていた。著名な哲学者の息子ではあるが、朝永は後年、「哲学というものは私にとってはなはだ苦手で、どうしても歯がたたない」と語っている。しかし、しばしば他人から「あなたのいったり書いたりしていることは結構哲学的ですなどといわれる」とも述べている[2]

京都一中(現京都府立洛北高等学校・附属中学校)、第三高等学校、京都帝国大学理学部物理学科を卒業。学生時代は女浄瑠璃寄席に入り浸って、かなりの趣味人だったと伝えられる。卒業後は京都帝国大学の無給副手に着任する。湯川秀樹(旧姓:小川)とは中学校、高等学校、帝国大学とも同期入学・同期卒業であり、就職もやはり湯川秀樹と同期で、机も同じ部屋にあった(中学までは1学年上であったが、後に湯川が飛び級のため追いついた)。

1931年仁科芳雄の誘いを受け、理化学研究所仁科研究室の研究員に着任。ここでマグネトロンの発振機構の研究等を行う。ドイツのライプツィヒに留学し、ヴェルナー・ハイゼンベルクの研究グループで、原子核物理学場の量子論を学んだ。また第二次世界大戦中にはマグネトロンや立体回路の研究も行った。この研究により、1948年小谷正雄と共に日本学士院賞を受賞している。

1937年、ニールス・ボーアが来日。

1941年東京文理科大学(新制東京教育大学の前身校、現・筑波大学)教授。1949年、東京教育大学教授。プリンストン高等研究所に滞在し、量子多体系の研究を行う。教授となってからも東京大学の学園祭(五月祭)で、特技のドイツ語による落語を演じるなどして、洒落っ気が多かった。

1947年量子電磁力学の発散の困難を解消するための繰り込み理論を形成し、繰り込みの手法を用いて、水素原子のエネルギー準位に見られるいわゆるラムシフトの理論的計算を行い、実測値と一致する結果を得た。この業績により、1965年ジュリアン・シュウィンガーリチャード・ファインマンと共同でノーベル物理学賞を受賞する。しかし肋骨を折っており、12月のストックホルムでの授賞式には出席できなかった[3]

1956年から1961年には東京教育大学長、1963年から1969年には日本学術会議会長を務めた。晩年は中学校などでも講演を行い、自然科学の啓蒙にも積極的に取り組んだ。1979年喉頭癌が悪化して息を引き取った。前年に手術を行ったため声が出せない容体だったという。墓は東京の多磨霊園にある。

略歴[編集]

著書[編集]

1949年に出版された『量子力学』は、日本語で書かれた量子力学の教科書の定番として長年読み継がれており、1963年には小柴昌俊による英訳本が出版された。更に、1998年には『スピンはめぐる』の英訳本が出版されている。また物理学・量子力学の一般向けの啓蒙書も数多く執筆しており、歿後の1980年には『物理学とは何だろうか』が大佛次郎賞を受賞した。が、『量子力学』、『物理学とは何だろうか』は共に未完成である。著作集はみすず書房で、没後刊行している。

単行本[編集]

著作集[編集]

共著・編著・共編著[編集]

  • 仁科芳雄富山小太郎 『量子力学 概論』 共立社〈量子物理学 1〉、1938年
  • 水間正一郎高尾磐夫 『超短波磁電管』 コロナ社、1948年
  • 『原子核から素粒子へ』 藤岡由夫共編、弘文堂、1949年
  • 『物質とは何か』 弘文堂編輯部編、弘文堂〈アテネ文庫 第60〉、1949年
  • 朝永振一郎など 『極超短波理論概説』 リスナー社、1950年
  • 『物理学大系』第1篇 第6巻 第1冊、朝永振一郎など編、学芸社、1951年
  • 『現代自然科学講座』第1巻~第12巻、伏見康治共編、弘文堂、1951-1952。
  • 『物理学読本』 朝永振一郎編、みすず書房、1952年
  • 『極超短波磁電管の研究』 小谷正雄共編、みすず書房、1952年
  • 『仁科芳雄 伝記と回想』 玉木英彦共編、みすず書房、1952年
  • 『物理の歴史』 朝永振一郎編、毎日新聞社〈毎日ライブラリー〉、1953年
  • 『原子核から素粒子へ』 藤岡由夫共編、弘文堂、1953年
  • 『理論物理学新講座』第1巻~第16巻、伏見康治共編、弘文堂、1953-1954。
  • 『宇宙線の話』 朝永振一郎編、岩波書店〈岩波新書〉、1960年
  • 『平和時代を創造するために 科学者は訴える』 湯川秀樹坂田昌一共編、岩波書店〈岩波新書〉、1963年
  • 朝永振一郎監修 『原色フレンド百科大事典』 文英堂、1967年
  • 核時代を超える 平和の創造をめざして湯川秀樹坂田昌一共編、岩波書店〈岩波新書〉、1968年ISBN 4-00-411106-4
  • 湯川秀樹(述)、朝永振一郎(述) 『物理学者群像 対談』 仁科記念財団、1972年
  • 『核軍縮への新しい構想』 湯川秀樹豊田利幸共編、岩波書店、1977年8月。
  • 朝永振一郎ほか 『素粒子の世界』 学生社〈科学随筆文庫 5〉、1978年6月。

翻訳[編集]

英訳[編集]

  • Shinichiro Tomonaga (1962). Quantum mechanics (Hardcover ed.). Interscience Publishers. 
  • Shinichiro Tomonaga (January 1998). The Story of Spin (Hardcover ed.). Univ of Chicago Pr (Tx). ISBN 0226807932. 
  • Shinichiro Tomonaga (October 1998). The Story of Spin (Paperbuck ed.). Univ of Chicago Pr (Tx). ISBN 0226807940. 

回想・伝記[編集]

  • 『回想の朝永振一郎』 松井巻之助編、みすず書房、1980年、新版2006年
    • 『著作集. 別巻3 朝永振一郎・人と業績』 解説小沼通二、みすず書房、新版2002年
  • 『追想朝永振一郎』 伊藤大介編、中央公論社〈自然選書〉、1981年
  • 『素粒子の世界を拓く 湯川秀樹・朝永振一郎の人と時代』 佐藤文隆監修、京都大学学術出版会〈学術選書〉、2006年
  • 加藤八千代 『朝永振一郎博士 人とことば』 共立出版、1984年
  • 中村誠太郎 『湯川秀樹と朝永振一郎』 読売新聞社、1992年

師匠・弟子[編集]

脚注・出典[編集]

注記
  1. ^ 武蔵野市名誉市民
  2. ^ 『毎日情報』第6巻・第1号,p.100,1951年,毎日新聞社
  3. ^ 朝永もエッセイに書いているが、祝い酒で酩酊し風呂場で転んで骨折した。酒井邦嘉『科学者という仕事』(中公新書 2006年)に「ノーベル賞を貰うのは骨が折れる」(亀淵迪「朝永先生とユーモア」TOM(朝永記念室報)1, 15-17 1983年)と言ったことが紹介されている。
  4. ^ 「ノーベル賞候補 日本6人」共同通信2014年8月14日
  5. ^ ノーベル賞候補日本6人 1951〜63年、物理・化学賞 選考資料、米専門家が確認 :日本経済新聞
  6. ^ 日本の天文学者の系図

関連項目[編集]

外部リンク[編集]