牧二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
牧二郎
生誕 1929年1月10日
日本の旗 日本東京都
死没 (2005-05-31) 2005年5月31日(76歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 理論物理学
研究機関 京都大学基礎物理学研究所
出身校 東京文理科大学
主な受賞歴 仁科記念賞(1977)
プロジェクト:人物伝

牧 二郎(まき じろう、1929年1月10日 - 2005年5月31日)は日本理論物理学者京都大学名誉教授。東京都出身。

東京文理科大学(現筑波大学)を卒業、名古屋大学理学部助教授から京都大学基礎物理学研究所教授。のちに湯川秀樹の後を継いで所長。素粒子物理学を研究し、坂田昌一中川昌美とともにニュートリノ振動を理論的に予測する(ポンテコルボ・牧・中川・坂田行列(PMNS行列))などこの分野において顕著な業績をあげた。日本物理学会会長などを務める。

1960年 名古屋大学 理学博士 論文の題は「素粒子の複合模型について」[1]

1977年仁科記念賞受賞。

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース