森岡常蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
森岡 常蔵
Tsunezo Morioka, 3rd president of the Tokyo University of Literature and Science.jpg
誕生 (1871-03-21) 1871年3月21日明治4年2月1日
若狭国遠敷郡小浜(現・福井県小浜市
死没 (1944-06-08) 1944年6月8日(73歳没)
職業 教育学者官吏
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 高等師範学校文科
代表作 『小学教授法』(1899年)
『各科教授法精義』(1905年)
『教育学精義』(1906年)
テンプレートを表示

森岡 常蔵(もりおか つねぞう、1871年3月21日明治4年2月1日[1]) - 1944年昭和19年)6月8日[2])は明治時代から昭和初期にかけての日本教育学者文部官僚

経歴[編集]

福井県出身。福井県師範学校を経て、1897年(明治30年)に東京高等師範学校を卒業した[1]。同校の教授となり、小学校教育法研究のためドイツに留学した[3]。帰国後、文部省編修官、同視学官、同図書事務官、同督学官、東京高等師範学校教授などを歴任[3]1933年(昭和8年)、文部省教育調査部長に就任した[3]。翌年から東京文理科大学学長兼教授・東京高等師範学校校長となり、1940年(昭和15年)に退官した[3]。退官後は同大学名誉教授となった[3]

著作[編集]

森岡常蔵
  • 「我国幼稚園の発達 : 本邦幼稚園制度の沿革」(国民教育奨励会編纂 『教育五十年史』 民友社、1922年10月 / 国書刊行会〈明治教育古典叢書〉、1981年4月 / 日本図書センター、1982年1月)
  • 「女子教育制度の変遷とその実施の情況」(『文部時報』第730号、帝国地方行政学会、1941年7月)
著書

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版(下)』 人事興信所、1941年
  • 『20世紀日本人名事典』 日外アソシエーツ、2004年

関連文献[編集]