大谷武一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大谷 武一(おおたに ぶいち、1887年(明治20年)5月14日 - 1966年(昭和41年)1月29日)は、大正から昭和期の日本の学校体育指導者。ラジオ体操の考案者の1人。ソフトボール競技、ハンドボール競技をアメリカから紹介。また、それまで「デッドボール」と呼ばれていた競技を「ドッジボール」に改名、主に学校体育において普及に努めた。ウェイトリフティング競技の普及にも寄与した。日本体育指導者連盟元会長。東京教育大学体育学部元学部長。

出身地[編集]

出身校[編集]

略歴[編集]

著作[編集]

  • 『正常歩』(1943年)
  • 『大谷武一体育選集』(1967年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]