三輪知雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三輪 知雄(みわ ともお、1899年12月27日 - 1979年12月27日)は、日本の植物学者

長野県諏訪市出身。旧制諏訪中学(現長野県諏訪清陵高等学校)を経て1927年東京帝国大学理学部卒業。東京高等師範学校講師、東京文理科大学助教授を経て、昭和26年(1951年)東京教育大学理学部教授に就任。同学部長、同学長筑波大学学長を歴任。

昭和47年(1972年)に「筑波新大学創設準備室」の室長に就任し、東京教育大学の筑波移転に尽力。筑波大学初代学長である。酵素の始原体説を批判するなど、生化学界の重鎮として2期に亘り日本植物学会会長を務め、また文部省教員等待遇改善研究会座長、国立科学博物館評議員会長などの役職も歴任した。

著書[編集]

  • 生物学実験指導書
  • 現代生物学大系

出典[編集]

  • 「20世紀日本人名事典」 日外アソシエーツ