吉田政幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉田 政幸(よしだ まさゆき、1935年2月11日[1] - 2003年9月24日[2])は、日本の化学者・図書館情報学者。

略歴[編集]

静岡県生まれ。東京大学理学部化学科卒、同大学院博士課程修了、1962年理学博士。東大理学部助教授ののち、図書館情報大学教授となり、1991年副学長、1995年学長。2002年定年退官、名誉教授となる。物理有機化学から図書館情報学に転じた。

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • C.E.フォルサム『星からDNAへ 物質進化と生命の誕生』サイエンス社 1980
  • Chemical Abstracts Service [編]『実用ケミカルアブストラクツの使い方』北村彰英共訳 講談社 1983
  • ヘッダ・シュルツ『CASオンライン入門』地人書館 1989

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987
  2. ^ 山本毅雄「吉田政幸先生を悼む」(『情報知識学会誌』14巻1号、2004年)