矢田部良吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
矢田部 良吉
Yatabe Ryokichi, director of the Higher Normal School.jpg
生誕 1851年10月13日嘉永4年9月19日
伊豆国田方郡韮山(現・静岡県伊豆の国市
死没 (1899-08-08) 1899年8月8日(47歳没)
神奈川県鎌倉
国籍 日本の旗 日本
研究分野 植物学
研究機関 東京大学理学部帝国大学理科大学
高等師範学校
出身校 コーネル大学理学士
命名者名略表記
(植物学)
Yatabe
配偶者 録子(先妻)、順(後妻)
子供 俊二(次男)、達郎(四男)、勁吉(五男)
プロジェクト:人物伝

矢田部 良吉(やたべ りょうきち、1851年10月13日嘉永4年9月19日) - 1899年明治32年)8月8日)は明治時代の日本植物学者詩人理学博士レンゲショウマ科のキレンゲショウマの学名kirengeshoma palmata yatabeにその名を残す。

人物[編集]

伊豆国韮山(現・静岡県伊豆の国市)生まれ。

外山正一井上哲次郎とともに『新体詩抄』を上梓した。東京植物学会を設立、ローマ字論者でもあった。

心理学者の矢田部達郎は息子。

栄典[編集]

著作[編集]

著書・編書
訳書

脚注[編集]

  1. ^ 停職、帝国大学理科大学学長菊池大麓との確執といわれるが原因の詳細は不明。
  2. ^ 明治32年8月9日国民新聞『新聞集成明治編年史. 第十卷』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  3. ^ a b c 「履歴書」(『近代文学研究叢書 第4巻』)。
  4. ^ 『官報』第628号、1885年8月4日、35頁
  5. ^ 『官報』第3236号、1894年4月17日、189頁

関連文献[編集]

  • 理学博士矢田部良吉君」(花房吉太郎、山本源太編輯 『日本博士全伝』 博文館、1892年8月 / 日本図書センター〈日本人物誌叢書〉、1990年9月、ISBN 4820540300
  • 「客員矢田部良吉君ヲ悼ム」「矢田部理学博士履歴」(『東京茗渓会雑誌』第200号、1899年9月)、「故矢田部博士追悼会」(第201号、1899年10月)
  • 外山正一 「故矢田部博士追悼会に於ける演説」(『東京茗渓会雑誌』第201号、1899年10月)
  • 伊沢修二 「故矢田部博士追悼会ニ於ケル演説」、大鳥圭介 「矢田部博士少時ノ履歴」、南摩綱紀 「祭矢田部先生文」(『東京茗渓会雑誌』第202号、1899年11月)
  • 松村任三故理学博士矢田部良吉君ノ略伝」(『植物学雑誌』第155号、東京植物学会、1900年1月)
  • 「矢田部博士十週忌紀念録」(『英語青年』第21巻第10号、英語青年社、1909年8月)
  • 井原千鶴子、服部敦子 「矢田部良吉」(昭和女子大学近代文学研究室著 『近代文学研究叢書 第4巻』 昭和女子大学光葉会、1956年9月)
  • 上野益三 「生物学の先駆者 2 矢田部良吉博士」(『遺伝』第21巻第2号、1967年1月)
  • 中川徹ほか 「矢田部良吉資料について」(『科学史研究』第17巻No.126、日本科学史学会、1978年6月、NAID 110009699735
  • 中野実 「帝国大学成立に関する一考察 : 帝国大学理科大学教授矢田部良吉関係文書の分析を通して」(『東京大学史紀要』第13号、東京大学史史料室、1995年3月
  • 太田由佳、有賀暢迪 「矢田部良吉年譜稿」(『国立科学博物館研究報告』E類第39巻、2016年12月NAID 40021168134

外部リンク[編集]

公職
先代:
訓盲唖院主幹
大窪実
日本の旗 東京盲唖学校長
1887年 - 1890年
訓盲唖院主幹
1886年 - 1887年
次代:
伊沢修二
先代:
箕作佳吉
日本の旗 東京高等女学校
1888年 - 1890年
次代:
女子高等師範学校附属学校主任
岡五郎
学職
先代:
(新設)
東京植物学会会長
1882年 - 1892年
次代:
松村任三
先代:
(新設)
東京大学生物学会会長
1878年 - 1882年
次代:
東京生物学会会頭
箕作佳吉