三好学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三好学
Miyoshi Manabu 02.jpg
東京帝国大学教授時代の大礼服姿
生誕 1862年1月4日
文久元年12月5日
死没 1939年5月11日(満77歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 植物学
研究機関 東京帝国大学
出身校 ライプチヒ大学(ドイツ)
主な業績 「記念物」の概念
「景観」の言葉を創設
命名者名略表記
(植物学)
Miyoshi
プロジェクト:人物伝

三好 学(みよし まなぶ、1862年1月4日文久元年12月5日) - 1939年昭和14年)5月11日)は、明治大正昭和時代の植物学者理学博士である。日本の植物学の基礎を築いた人物の一人である。特に菖蒲の研究に関しての第一人者として知られ、殊に桜博士とも呼ばれた[1]。また、天然記念物の概念を日本に広めた先駆者であり、希少植物の保存活動に尽力した。

来歴・人物[編集]

文久元年(1862年)、美濃国岩村藩士の次子として同藩江戸藩邸に生まれる[2][3]。出生後は岩村で幼年期を過ごした[3]。11歳の時に父が没したため、越前国坂井郡浄土宗西光寺の住職に引き取られてそこで学んだ[3]明治9年(1876年)にのちの石川県第三師範学校に入学して、明治11年(1878年)に同校を卒業した[3]。卒業後は岐阜県へと戻り土岐学校(現・瑞浪市立土岐小学校)の教員及び校長を務めた[3]。学は自身の授業内容を詳細に記した「授業日誌」ならびに教科書を著作した。これらは当時の教育の詳細を知り得る貴重な史料となっている[3]

1889年(明治22年)東京帝国大学理学部生物学科を卒業し、大学院在学中の1891年(明治22年)にドイツに留学し、ライプチヒ大学でベッファーに植物生理学を学んだ[4]。 帰国後の1895年明治28年)5月に帝国大学教授に就任。理学博士になる。

植物学の研究を続け、東京帝国大学教授時代の論文は100編以上、その著書も100冊以上といわれている。日本に「記念物(デンクマール、denkmal )」の概念を広めた人物である。

1920年大正9年)には帝国学士院会員となり、1923年(大正12年)には東京帝国大学名誉教授となる。1918年に徳川義親により設立された徳川生物学研究所の評議員を務めた[5]

終生植物研究を続け、桜、菖蒲の研究、及び天然記念物保存事業に力を注いだ。

地理学者辻村太郎が、1937年に著した『景観地理学講話』の中で「景観」という言葉を生み出した人物としてとりあげている。

栄典[編集]

著作物[編集]

著書[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 木下武司. “ソメイヨシノ研究史”. 2016年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月29日閲覧。
  2. ^ ミニ企画展 植物学者 三好学展”. 恵那市 (2011年). 2016年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 植物学の基礎を築いた人 岩村町 三好學 (PDF)”. 恵那市の先人三十人. 恵那市. p. 5. 2016年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月28日閲覧。
  4. ^ 西川治「A・フンボルトと日本 -幕末から昭和にかけて-」/ダグラス・ボッティング著 西川治・前田伸人訳 『フンボルト  -地球学の開祖-』 東洋書林 2008年 377-378ページ
  5. ^ 科学朝日 『殿様生物学の系譜』 科学朝日、朝日新聞社、1991年、196頁。ISBN 4022595213
  6. ^ 『官報』第7051号「叙任及辞令」1906年12月28日。
  7. ^ 『官報』第8257号「叙任及辞令」1910年12月28日。
  8. ^ 『官報』第731号「叙任及辞令」1915年1月12日。
  9. ^ 『官報』第1620号「叙任及辞令」1917年12月25日。
  10. ^ 『官報』第3509号「叙任及辞令」1924年5月7日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]