山本直良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本直良

山本 直良(やまもと なおよし、1870年3月26日明治3年2月25日[1]) - 1945年)は、日本の実業家。公爵岩倉具視家の元家扶、日本郵船など多くの企業の役員を務め、三笠ホテルを創業した。

経歴[編集]

小浜藩士で岩倉具視の側近だった山本直成の二男として生まれる[1]東京帝国大学農学部卒業後、千歳海上火災再保険に入社。日本郵船監査、明治製菓役員などの要職を歴任。1897年(明治30年)丁酉銀行創立に伴い頭取に就任した[1]。また、長野県北佐久郡軽井沢町三笠ホテルを建設したことでも有名。

家族[編集]

父の山本直成

妻の山本愛は有島武郎の妹。息子のひとりが指揮者の山本直忠。直忠の長男が作曲家・指揮者の山本直純である。もうひとりの息子、山本直正の妻は、与謝野鉄幹与謝野晶子の次女の七瀬[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 人事興信所 1903, 742頁.
  2. ^ 有島武郎歴史が眠る多磨霊園

参考文献[編集]