松田智雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松田 智雄(まつだ ともお、1911年5月22日 - 1995年11月9日)は、日本経済史学者、東京大学名誉教授。近代ドイツ経済史を研究[1]

来歴[編集]

朝鮮仁川生まれ。東京帝国大学卒。立教大学教授、1956年東京大学経済学部教授[1]。72年定年退官[要出典]ケルン日本文化会館長、図書館情報大学[1]。従兄弟の長男に荻昌弘[要出典]が居る。智雄は東京帝国大学で、野村一彦と出会い友情に結ばれた。一彦の自宅にも遊びに行く事も有った。そこで出会って知故を得たのが一彦の妹で、後に作家と認められた(野村→)松田瓊子(→けい子と記す)であった。野村けい子が日本女子大学校英文学科2年次に在学中であったのだが、智雄はけい子が綺麗でとても良い人柄であった為に交際を求めた。義父報知社新聞記者であったが、銭形平次捕物控の作者の文筆家で、音楽評論家野村あらえびすとしても活躍する野村長一であった。けい子と交際のおりに、何度も求婚をして婚約にこぎつけた。けい子は日本女子大学校附属高等女学校時代から小説を執筆している頭脳の優れた者であり、幼少期から父親のコレクションのクラシック音楽のSPレコードを聴いていた事と併せ、後に進学した日本女子大学校英文学科で勉学に励み、海外の物語りも原語で読破する能力も持ち合わせていた。また、もしくはけい子の父長一が従姉妹や妹の稔子等がけい子が15歳の時に趣味で執筆した書物「つぼみ・つぼみ」を喜んで読んで居るのを見て、自身も読んでみると非常に優れており、知人村岡はなに相談の上、出版されるに至る。未だ婚姻前であるので野村けい子の作者名であった。順風と思われたしかしけい子は大学2年次の時に、咳が止まらなくなり、診療を受けた。その診断の結果は、気管支カタルと、当時は不治の病と云われていた肺結核罹患していたのであった。療養の為にやむを得ず退学をして、療養をしながら婚姻をしている。しかしになってくれたが23歳で結核菌による慢性腹膜炎(結核性腹膜炎)を発症し1940年1月に死去。亡き妻は優れた作品を遺していることを知り、義父長一と妻の遺作小説出版する事とした。以前に父親が出版させた物も、作者名を松田けい子とした上で、新しい物と共に出版をした。この時手伝ってくれたのが妻の妹の稔子であった。表紙絵を描いてくれたり体装を整えてくれた。そこで智雄は妹の稔子と再婚を決意し、義父と妹本人に求め快諾を得て、再婚した。幸い今度は長く結ばれる事となり、本人も勉学研究を続ける事も出来、教授を全うする事が出来た。名誉職も授かる。本人智雄は1995年に84歳で死去したが、後の妻の稔子と共に二人とも天寿を全うした。妻の姉の淳子も同じ肺結核死亡しており、友人であるー彦は肺外結核と云われる腎臓結核で、死亡した。

著書[編集]

共編著[編集]

記念論集[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c コトバンク

参考資料[編集]

  • 野村あらえびす著『音楽は愉し』日本音楽雑誌社、初版1946年。『音楽は愉し』〈音楽文庫〉70.音楽之友社、1953年。『音楽は愉し』単行本、2014年。ISBN 978-4-276-20032-6 C1073
  • 野村あらえびす著『K子と野ばら』「レコード音楽 - 昭和17年4月号」レコード音楽社、1942年。