安藤良雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

安藤 良雄(あんどう よしお、1917年7月12日 - 1985年5月6日)は、日本経済学者東京大学名誉教授東京出身。

人物[編集]

1917年大蔵省の役人であった父の任地の広島市生まれ。1935年3月に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。旧制弘前高等学校に学ぶ[1]

1939年4月、東京帝国大学経済学部に入学し[2]土屋喬雄ゼミナールに学ぶ[3]1941年12月、東京帝国大学経済学部卒、同助手となるが、1942年1月、応召し海軍主計大尉として、戦時中を通して海軍省に勤務し、戦時統制経済の実務に当たる[4]1947年、東京大学経済学部専任講師を経て、助教授1956年、東京大学教授。1961年、「日本資本主義の展開過程」で、東京大学経済学博士[5]

東京大学では、経済学部長、図書館長などを歴任した[6]1978年定年退官、名誉教授、成城大学経済学部教授[7]。経済学部長を経て、1981年学長日本学術会議副会長、日本経済学会連合理事長。大正から昭和にかけての日本経済、戦時経済の分析に業績がある。成城大学学長在職中の1984年10月5日に出張先の名古屋市心筋梗塞に倒れ、死去するまで病床にあった[8]

義理の兄は、青山学院大学の副学長、宮崎産業経営大学の学長などをつとめた貫達人

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『図表近代日本史』和歌森太郎共著 弘文堂・アテネ新書 1956
  • 『日本経済史』守本順一郎共著 1958 学灯文庫
  • 『昭和経済史への証言』編著 毎日新聞社 1965-66
  • 『日本輸送史』松好貞夫共編著 日本評論社 1971
  • 『昭和政治経済史への証言』編著 毎日新聞社 1972
  • 『日本経済政策史論』編 東京大学出版会 1973-76 東京大学産業経済研究叢書
  • 『近代日本経済史要覧』編 東京大学出版会 1975
  • 『守本順一郎 思想史への道なかばに』編 『守本順一郎-思想史への道なかばに』刊行会 1979
  • 『両大戦間の日本資本主義』編 東京大学出版会 1979 東京大学産業経済研究叢書
  • 『昭和史への証言』全5巻 編著 原書房 1993

翻訳[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 加藤、1986、p.8
  2. ^ 加藤、1986、p.7
  3. ^ 加藤、1986、p.8
  4. ^ 浅井、1986、p.296
  5. ^ 日本資本主義の展開過程 安藤良雄”. 国立国会図書館. 2012年12月28日閲覧。
  6. ^ 加藤、1986、p.18
  7. ^ 浅井、1986、p.295
  8. ^ 加藤、1986、pp.19-20

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]