黒川武雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

黒川 武雄(くろかわ たけお、1893年3月5日 - 1975年3月8日)は、日本の実業家政治家虎屋15代当主、参議院議員厚生大臣。旧姓・福田。

来歴・人物[編集]

熊本県出身。製菓業、虎屋・黒川家の養子となる。第一高等学校を経て、1917年(大正6年)、東京帝国大学法学部英法科を卒業し、第一銀行に入社。1919年(大正8年)、家業に専念し虎屋店主、さらに同会長を務め、東京和生菓子商工業協同組合理事長、全国生菓子協会会長となる。

1947年(昭和22年)4月、第1回参議院議員通常選挙東京地方区日本自由党から出馬し当選。のち自由党自由民主党に所属。第3回第5回参議院議員通常選挙で再選され3期務め、1965年(昭和40年)7月、第7回参議院議員通常選挙には出馬せず引退した。

1975年(昭和50年)3月8日死去。享年82。

参議院議員としては、参議院予算委員長、同外務委員長などを務め、また、第3次吉田内閣 (第1次改造)の厚生大臣に就任。その他、東京実業連合会会長、東京防犯協会連合会会長、日本女子経済短期大学初代学長などを歴任した。

著書[編集]

  • 『空の旅』三省堂出版、1951年。
  • 『新・空の旅』虎屋、1957年。
  • 『母を憶う』虎屋、1955年。
  • 『羊羮と人生』東京書房、1958年。
  • 『新羊羮と人生』明るい生活、1968年。

親族[編集]

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。