森有礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
森 有礼
もり ありのり
Arinori Mori 2.jpg
生年月日 1847年8月23日
弘化4年7月13日
出生地 日本の旗 日本 薩摩国鹿児島郡鹿児島城下春日小路町
(現:鹿児島県鹿児島市春日町
没年月日 (1889-02-12) 1889年2月12日(41歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京府東京市麹町区
(現:東京都千代田区
出身校 造士館
薩摩藩開成所
称号正二位
勲一等旭日大綬章
子爵
配偶者 森常(先妻)
森寛子(後妻)
子女 森清(長男)
森明(三男)
親族 横山安武(兄)
岩倉具視(義父)
関屋綾子(孫)
森有正(孫)

日本の旗 初代 文部大臣
内閣 第1次伊藤内閣
黒田内閣
在任期間 1885年12月22日 - 1889年2月12日

日本の旗 参事院議官
在任期間 1884年5月7日 - 1885年12月22日

日本の旗 外務大輔
在任期間 1875年
1878年 - 1879年
テンプレートを表示

森 有礼(もり ありのり、正字体:森有禮、弘化4年7月13日1847年8月23日) - 明治22年(1889年2月12日)は、日本武士薩摩藩士)、外交官政治家通称助五郎金之丞栄典は贈正二位勲一等子爵

初代文部大臣を務めた他、一橋大学を創設し、明六社会長(発起人)、東京学士会院初代会員、大日本教育会名誉会員を務め、明治六大教育家に数えられる。

来歴[編集]

弘化4年(1847年)、薩摩国鹿児島城下春日小路町(現在の鹿児島県鹿児島市春日町)で薩摩藩士森喜右衛門有恕の五男として生まれた。兄に横山安武がいる。安政7年(1860年)頃より造士館で漢学を学び、元治元年(1864年)頃より藩の洋学校である開成所に入学し、英学講義を受講する。慶応元年(1865年)、五代友厚らとともにイギリスに密航、留学し(薩摩藩第一次英国留学生)、ロンドンで長州五傑と会う。その後、ロシアを旅行し、さらにローレンス・オリファントの誘いでアメリカにも渡り、オリファントの信奉する新興宗教家トマス・レイク・ハリスの教団と生活をともにし、キリスト教に深い関心を示した。また、アメリカの教科書を集める。明治維新後に帰国すると福澤諭吉西周西村茂樹中村正直加藤弘之津田真道箕作麟祥らと共に明六社を結成する。

明治8年(1875年)、東京銀座尾張町に私塾・商法講習所一橋大学の前身)を開設する。駐英公使をつとめていたときに、ハーバート・スペンサーから大きな影響をうけたといわれる。福澤諭吉が証人となり、広瀬常との結婚に際して婚姻契約書に署名し結婚した。

明治18年(1885年)、第1次伊藤内閣の下で初代文部大臣に就任し、東京高等師範学校東京教育大学を経た、現在の筑波大学)を「教育の総本山」と称して改革を行うなど、日本における教育政策に携わる。また、「良妻賢母教育」こそ国是とすべきであると声明。翌年それに基づく「生徒教導方要項」を全国の女学校と高等女学校に配る。

明治19年(1886年)には、学位令を発令し、日本における学位として大博士博士の二等を定めたほか、教育令に代わる一連の「学校令」の公布に関与し様々な学校制度の整備に奔走した。黒田内閣でも留任。明治20年(1887年)4月には、大日本教育会の果たすべき役割の重要性について私案を提出している(1884年の学習院講堂で開かれた常集会でも大木喬任とともに演説を行っている)[1]。しかし明治22年(1889年)2月11日の大日本帝国憲法発布式典の日、それに参加するため官邸を出た所で国粋主義者・西野文太郎に短刀で脇腹を刺された。応急手当を受けるが傷が深く、翌日午前5時に死去[2]。43歳だった。

当時の新聞が、「ある大臣が伊勢神宮内宮を訪れた際、社殿にあった御簾ステッキでどけて中を覗き、土足厳禁の拝殿を靴のままで上った」と報じ(伊勢神宮不敬事件)問題となった。この「大臣」とは森のことではないのかと、急進的な欧化主義者であった森に人々から疑いの目が向けられる事となった。この事件は事実かどうかは定かではないが、この一件が森が暗殺される原因になった。木場貞長はのちにこの事件は事実無根であると書き残している。

年譜[編集]

  • 弘化4 (1847) - 誕生。
  • 安政5 (1858) - 藩校「造士館」入学。
  • 元治1 (1864) - 藩洋学校「開成所」入学。
  • 慶応1 (1865) - 薩摩藩英国留学生として英国渡航。ロシア旅行。
  • 慶応3 (1867) - 米国渡航、新興宗教トマス・レイク・ハリス教団に所属。
  • 明治1 (1868) - 帰国後、徴士外国官権判事、学校取調兼勤。
  • 明治2 (1869) - 廃刀案を否決され辞表提出、佐賀の兄・横山安武を訪問。
  • 明治3 (1870) - 興国寺跡で英学塾を開く。横山安武自刃。12月に少弁務使として米国渡航(1871年1月)。
  • 明治5 (1872) - 米国中弁務使、ついで米国代理公使に昇任。
  • 明治6 (1873) - 帰国後「明六社」結成,外務大丞に昇任。
  • 明治8 (1875) - 広瀬常と結婚。長男・森清誕生。特命全公使として清国渡航。
  • 明治10 (1877) - 帰国後、外務卿代理に昇任。
  • 明治11 (1878) - 外務大輔に昇任。
  • 明治12 (1879) - 駐英公使として英国渡航。
  • 明治17 (1884) - 帰国後、参事院議官、文部省御用掛兼勤。
  • 明治18 (1885) - 第一次伊藤内閣初代文部大臣就任。「学政要領」立案。
  • 明治19 (1886) - 学位令、師範学校令、小学校令、中学校令、諸学校通則などを公布。妻の常と離婚。
  • 明治20 (1887) - 岩倉寛子と再婚。子爵となる。各地で学事巡視。伊勢神宮不敬事件起こり、森が疑われる。
  • 明治21 (1888) - 三男・森明誕生。
  • 明治22 (1889) - 刺殺され、43歳で没。

[3]

人物[編集]

森有礼(1871年)
  • 英語国語化を提唱したこと(国語外国語化論)でも有名で、明治5年(1872年)にはイェール大学の言語学教授のウィリアム・ドワイト・ホイットニー宛てに「不規則動詞を規則化して簡略にした英語を日本の国語とするべきではないだろうか」という書簡を送っている。だが、ホイットニーは簡略化した英語に否定的な見解を示した上で、日本語のローマ字化を除いては日本語の廃止に反対している[要出典]
  • 森の急進的な考えには当時の大衆の感覚とは乖離したものがあり、「明六の幽霊(有礼)」などと皮肉られもしたが、近代国家としての教育制度の確立に尽力したその功績は大きい[要出典]
  • 日本に関心を寄せる外国人との、神道に関する議論では「神道の中心思想は死者に対する敬虔な崇拝だ。日本の現絶対主義的政権を維持するために政府が巧みにこれを政治利用したことは実に正当だったと考えるが、日本の初期の歴史記録とされている書物は信頼に値するとは到底言えない。」という意見をのべている[4]
  • 広瀬常との結婚は、日本における最初の契約結婚といわれる。その契約は3条から成り(それぞれが妻、夫であること、破棄しない限り互いに敬い愛すこと、共有物については双方の同意なしに貸借売買しないこと)、福沢諭吉が証人となった[5]ただし、山本七平は「欧米で結婚が契約だというのは二人がそれぞれ神と契約するのであって二人が相互に契約するのではない。欧米人が森の『契約結婚』を聞いたらひっくりかえっただろう」と述べている。[独自研究?]常とは、結婚11年目に常の素行上の理由で双方納得のうえ離婚した[5]

家族[編集]

  • 父・森有恕、母・阿里
  • 長兄・喜藤太有秀、次兄・喜八郎(青山良顕)、三兄・三熊(夭折)、四兄・喜三次(横山正太郎安武。1870年政府に建白し自刃)
  • 最初の妻・広瀬常。森との間に3児。長男・森清(貴族院子爵議員)[6]
  • 後妻・岩倉寛子岩倉具視の娘)。森の死亡により結婚生活は約1年半。
  • 中渋谷教会の牧師・森明は寛子との息子である。その娘・関屋綾子は一家について『一本の樫の木 淀橋の家の人々』(1981年)を刊行。
  • 仏文学者哲学者森有正は有礼の孫にあたる。

墓所・霊廟・銅像[編集]

若き薩摩の群像

昭和57年(1982年)、鹿児島中央駅前東口広場に彫刻家の中村晋也が制作した薩摩藩英国留学生17名の像『若き薩摩の群像[7]』の一人として銅像が建てられている。

栄典[編集]

位階
勲章等

著作[編集]

著書
  • Religious Freedom in Japan : a memorial and draft of charter. 1872.
    • 「英文日本宗教自由論」(吉野作造編輯代表 『明治文化全集 第11巻 宗教篇』 日本評論社、1928年9月 / 明治文化研究会編 『明治文化全集 第19巻 宗教篇』 日本評論社、1967年8月 / 明治文化研究会編 『明治文化全集 第12巻 宗教篇』 日本評論社、1992年10月、ISBN 4535042527
    • 「日本に於ける宗教の自由」(三枝博音清水幾太郎編 『日本哲学思想全書 第8巻 宗教 宗教論一般篇』 平凡社、1955年12月)
  • On a representative system of government for Japan.
    • 「日本政府代議政体論」(江村栄一校注 『日本近代思想大系 9 憲法構想』 岩波書店、1989年7月、ISBN 4002300099
  • The proposed national assembly in Japan. Gibson Bros., printers, 1883.
編書

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『澤柳柳太郎と帝国教会-成城大学』
  2. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)311頁
  3. ^ 森有礼略年譜鹿児島県立図書館
  4. ^ アーネスト・サトウ 神道論
  5. ^ a b 『朝日新聞の記事にみる恋愛と結婚』朝日新聞社、1997, p37
  6. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、742頁。
  7. ^ 若き薩摩の群像”. 鹿児島県観光連盟. 2014年5月14日閲覧。
  8. ^ 『官報』第678号「賞勲叙任」1885年10月2日。
  9. ^ 『官報』第993号「叙任及辞令」1886年10月20日。
  10. ^ 『官報』第1686号、1889年2月15日、145頁
  11. ^ 『官報』第1156号「叙任及辞令」1887年5月10日。

関連文献[編集]

  • 故文部大臣履歴」(『官報』第1686号、1889年2月15日。)
  • 大華居士手録 『森文部大臣遭難録』 紅雪書院出版局、1889年。
  • 海門山人著 『森有礼民友社、1897年。
  • 木村匡著 『森先生伝』 金港堂書籍、1899年。
    • 木村匡著 『森先生伝』 国書刊行会〈明治教育古典叢書〉、1980年。
    • 木村匡著 『森先生伝』 大空社〈伝記叢書〉、1987年。
  • 高橋淡水著 『森有礼と星亨』 良書普及会、1918年。
  • 石神今太編 『五十年祭追悼記念 故森有礼先生略伝』 鹿児島県教育会、1938年。
  • 『南国史叢』第4輯(子爵森有礼先生追悼講演会記念号)、薩藩史研究会、1939年6月
  • 大久保利謙著 『森有礼』 文教書院、1944年。
  • 「森有礼」(昭和女子大学近代文学研究室編 『近代文学研究叢書 第1巻』 昭和女子大学光葉会、1956年1月)
  • 海後宗臣ほか 「森有礼の思想と教育政策」(『東京大学教育学部紀要』第8巻、1965年9月)
  • 原田実著 『森有礼』 牧書店、1966年。
  • 坂元盛秋著 『森有礼の思想』 時事通信社、1969年。
  • Hall, Ivan Parker. Mori Arinori. Harvard University Press, 1973. ISBN 0674587308
  • 犬塚孝明著 『若き森有礼 : 東と西の狭間で』 KTS鹿児島テレビ、1983年。ISBN 4795229015
  • 林竹二著 『林竹二著作集 6 明治的人間』 筑摩書房、1984年。ISBN 4480389067
  • 林竹二著 『林竹二著作集 2 森有礼 : 悲劇への序章』 筑摩書房、1986年。ISBN 4480389024
    森駐米代理公使の辞任」(『東北大学教育学部研究年報』第15集、1967年3月、NAID 120000787484)および「森有礼とキリスト教」(同誌第16集、1968年10月、NAID 120000787496)を収録。
  • 犬塚孝明著 『森有礼』 吉川弘文館人物叢書〉、1986年。ISBN 4642050787
  • 木村力雄著 『異文化遍歴者森有礼』 福村出版、1986年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 井上勝也著 『国家と教育 : 森有礼と新島襄の比較研究』 晃洋書房、2000年。ISBN 477101146X
  • 上沼八郎 「森有礼」(伊藤隆季武嘉也編 『近現代日本人物史料情報辞典』 吉川弘文館、2004年。ISBN 4642013415
  • 秋枝蕭子著 『森有礼とホーレス・マンの比較研究試論 : 日米近代女子教育成立史研究の過程から』 梓書院、2004年。ISBN 4870352397
  • 犬塚孝明、石黒敬章著 『明治の若き群像 : 森有礼旧蔵アルバム』 平凡社、2006年。ISBN 4582833306
  • 長谷川精一著 『森有礼における国民的主体の創出』 思文閣出版、2007年。ISBN 4784213678
  • Kobayashi, Toshihiro. Mori Arinori : New light on his Weltanschauung in late Edo and early Meiji Japan and on his language reform discourse. Tokyo : Seijo University, 2009.

扱われた作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
大木喬任
文部卿
日本の旗 文部大臣
初代:1885年12月22日 - 1889年2月12日
次代:
大山巌
臨時兼任
先代:
鮫島尚信
(→欠員)
日本の旗 外務大輔
1878年 - 1879年
次代:
榎本武揚
先代:
上野景範
(→欠員)
日本の旗 外務少輔
1875年
次代:
(欠員→)
上野景範
外交職
先代:
上野景範
日本の旗 在イギリス全権公使
第3代:1879年 - 1884年
次代:
河瀬真孝
先代:
柳原前光
日本の旗 在清国全権公使
初代:1875年 - 1878年
次代:
宍戸璣
学職
先代:
(新設)
明六社
1874年 - 1875年
次代:
箕作秋坪
日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
森(有礼)家初代
1887年 - 1889年
次代:
森清