岩倉道倶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

岩倉 道倶(いわくら みちとも、1881年明治14年)5月29日[1] - 1946年(昭和21年)10月9日)は、日本華族貴族院男爵議員

経歴[編集]

1881年岩倉具視の四男として生まれる[2][3]。1896年分家して、同年12月3日、父の勲功により男爵を叙爵[4][5]学習院を経て[2]東京帝国大学文科大学修了[4]。1909年欧米視察[4]。1911年貴族院議員となる[4]。福徳生命保険[6]、大成漁業各取締役、十五銀行監査役[2]。1932年以降米穀対策調査会、石油業委員会、液体燃料委員会、帝国石油台湾拓殖、樺太開発その他各設立委員[4][3]川崎造船千代田火災保険各取締役を務め[3]翼賛政治会常任総務を歴任した[7]

戦後の1946年5月8日に貴族院男爵議員を辞職し[8]、その後公職追放となり[9]、間もなく死去した。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』上巻、213頁。
  2. ^ a b c 『人事興信録. 8版』 イ二三四。(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ a b c 『人事興信録. 13版』 イ二五四。(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』64頁。
  5. ^ 『官報』第4031号、明治29年12月4日。
  6. ^ のちに第百生命保険に統合される。現在のマニュライフ生命保険の源流の一つ(生命保険会社変遷図 (PDF) )。
  7. ^ 議会新聞社編 『翼賛議員銘鑑』、1943年2頁。NDLJP:1439721 
  8. ^ 『官報』第5803号、昭和21年5月22日。
  9. ^ 『朝日新聞』1946年9月26日一面

参考文献[編集]

  • 『人事興信録』第8版 人事興信所、1928年。
  • 『人事興信録』第13版 人事興信所、1941年。
  • 『翼賛議員銘鑑』議会新聞社、1943年。
  • 『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
岩倉家(分家)初代
1896年 - 1946年
次代:
華族制度廃止