森寛子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森 寛子(もり ひろこ、元治元年3月15日1864年4月20日) - 昭和18年(1943年11月2日)は、岩倉具視の五女。フランス文学者森有正は孫にあたる。初名は恒子。

生涯[編集]

明治14年(1881年)旧久留米藩主家の伯爵有馬頼萬に嫁いだ。同16年(1883年)に長女・禎子を、翌17年(1884年)に長男・頼寧を産んだ。しかし、翌18年(1885年)2月、実家岩倉家に帰りそのまま離婚した。

明治19年(1886年)、当時文部大臣森有礼と再婚し、先妻の常の残した二児の母となる。(有礼にとっては三男)を産んだ。同22年(1889年)2月に有礼が暗殺され、有礼と共に過ごしたのはわずか1年7か月であった。

明治36年(1904年日本基督教会富士見町教会で次男、三男と共に植村正久から受洗した[1]

昭和18年(1943年)、80歳で死没。

脚注[編集]

  1. ^ 『近代日本のキリスト者たち』201頁

出典[編集]