木内四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木内 四郎(きうち しろう、1896年明治29年)7月3日 - 1988年昭和63年)8月31日)は、日本の政治家大蔵官僚科学技術庁長官

木内 四郎
きうち しろう
Shiro Kiuchi 1968.jpg
木内四郎
生年月日 1896年7月3日
出生地 日本の旗 長野県下水内郡常盤村(現・飯山市
没年月日 (1988-08-31) 1988年8月31日(92歳没)
出身校 東京帝国大学法学部卒業
前職 国家公務員大蔵省
貴族院議員
所属政党民主党→)
国民民主党→)
自由党→)
自由民主党
称号 勲一等旭日大綬章
飯山市名誉市民

内閣 第3次佐藤改造内閣
在任期間 1971年11月16日 - 1972年7月7日

日本の旗 第21代 科学技術庁長官
内閣 第2次佐藤第2次改造内閣
在任期間 1968年11月30日 - 1970年1月14日

選挙区 長野県選挙区
当選回数 5回
在任期間 1947年4月21日 - 1977年7月10日
テンプレートを表示

来歴・人物[編集]

長野県下水内郡常盤村(現・飯山市)生まれ。旧制飯山中学(長野県飯山北高等学校)を経て、1920年(大正9年)東京帝国大学法学部を卒業後、大蔵省に入省。理財局[1]主計局決算局長、理財局国債課長、主計局長、専売局長官を経て、1946年(昭和21年)幣原内閣の内閣副書記官長となる。同年6月8日には貴族院勅選議員に勅任される[2]

1947年(昭和22年)第1回参議院議員通常選挙民主党公認で長野県選挙区から立候補し当選する。炭鉱国管疑獄では、1948年(昭和23年)衆議院不当財産取引調査委員会に証人喚問されている[3]。以後5回連続当選する。以後国民民主党 - 自由党 - 自由民主党に籍を置く。1952年(昭和27年)に国民民主党が新政クラブと共に改進党を結成した時にはそれに参加せず、自由党に移籍した。参院予算、外務各委員長を務めた後、1968年(昭和43年)第2次佐藤内閣第2次改造内閣で科学技術庁長官として初入閣。1969年(昭和44年)の宇宙開発事業団設立に関わる。1971年(昭和46年)第3次佐藤内閣改造内閣で再び科技庁長官として入閣する。

同年、重宗雄三の後継参議院議長河野謙三と争うが、118票対128票の僅差で敗れた。1977年(昭和52年)落選とともに政界を引退する。1972年(昭和47年)勲一等旭日大綬章受章、1988年(昭和63年)飯山市名誉市民(第1号)。同年8月31日死去、満92歳。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『日本官僚制総合事典』東京大学出版会、2001年11月発行、224頁
  2. ^ 『官報』第5822号、昭和21年6月13日。
  3. ^ 『戦後政治裁判史録 1』336-337頁。

参考文献[編集]

  • 田中二郎、佐藤功、野村二郎編『戦後政治裁判史録 1』第一法規出版、1980年。

関連項目[編集]

  • 羽生三七 – 第1回参院選以来の長野選挙区におけるライバル。


公職
先代
鍋島直紹
平泉渉
日本の旗 科学技術庁長官
第21代:1968年 -1970年
第24代:1971年 -1972年
次代
西田信一
中曽根康弘
先代
鍋島直紹
平泉渉
日本の旗 総理府原子力委員会委員長
第21代:1968年 -1970年
第24代:1971年 -1972年
次代
西田信一
中曽根康弘
議会
先代
湯沢三千男
日本の旗 参議院予算委員長
1962年 - 1963年
次代
太田正孝
先代
草葉隆圓
寺尾豊
日本の旗 参議院外務委員長
1960年 - 1961年
1965年 - 1967年
次代
近藤鶴代
赤間文三
先代
櫻内辰郎
日本の旗 参議院大蔵委員長
1950年
次代
小串清一
先代
新設
日本の旗 参議院議院運営委員長
1947年 - 1948年
次代
下条康麿