岡崎真一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡崎 真一(おかざき しんいち、1907年(明治40年)5月 - 1971年(昭和46年)1月20日)は、昭和期の実業家企業経営者政治家岡崎財閥の2代目総帥で、神戸商工会議所会頭等を務めた岡崎忠雄の長男。兵庫県出身。

来歴・人物[編集]

慶應義塾幼稚舎慶應義塾普通部慶應義塾大学予科を経て、慶應義塾大学経済学部1932年(昭和7年)に卒業し鐘紡岡崎汽船を経て、神戸海上運送火災保険に入社した。同社取締役を歴任して、昭和19年(1944年)3月、戦時経済・金融統制の下、横浜火災海上保険、共同火災海上保険、朝日海上火災保険(現存する朝日火災海上保険とは無縁)と4社が合併して誕生した、同和火災海上保険の新社長に就任した。

戦後は、東京衡機製造所、日豊海運など岡崎家系列の企業の社長や、日本航空日本テレビ東洋パルプなどの取締役、1955年(昭和30年)から1964年(昭和39年)に掛けて神戸商工会議所会頭を務めたのに加え、日本商工会議所副会頭も歴任した。

また政界にも進出し、1950年(昭和25年)1月の第1回参議院議員補欠選挙で兵庫選挙区から初当選、以降1965年(昭和40年)まで3期務め、参議院大蔵委員長なども務めている。1971年(昭和46年)1月20日、64歳で死去。

外部リンク[編集]