西田信一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西田 信一(にしだ しんいち、1902年10月15日2003年4月10日)は、昭和期の政治家参議院議員3期)。苫小牧町長北海道開発庁長官科学技術庁長官を歴任する。1972年勲一等瑞宝章受章。北海道苫小牧市名誉市民1988年)。

来歴・人物[編集]

北海道空知郡岩見沢町(現・岩見沢市)に、鉄道員・西田栄次郎の長男として生まれる。両親はいずれも富山県の人。

高等小学校卒業後、郵便局員、鉄道員を経て、札幌工業学校(現・北海道札幌工業高等学校)に入学する。札工生時代、心臓肥大症に罹り療養中、“逆療法”とばかりにアイススケートに打ち込んで完治させた。以来スケートをはじめとするウィンタースポーツとの縁ができる。1924年札工を卒業後、苫小牧工業学校助教諭を経て、1928年苫小牧町役場に入職する。仕事の傍ら王子製紙アイスホッケー部のコーチも務め、1932年には全日本選手権大会で初出場・初優勝の快挙を成し遂げた。土木課長、助役を経て、1946年町長に就任する。

1947年北海道議会議員に当選。2期8年務める。田中敏文革新道政批判の急先鋒として鳴らした。1956年、前年の道議選で落選し浪人中であったが、地元選出代議士の篠田弘作の助力を得て自由民主党公認を獲得し、第4回参議院議員通常選挙に北海道選挙区から立候補し当選を果たす。以後連続当選3回。

党内では石井光次郎派-宏池会に所属する。行政管理政務次官、党副幹事長、党参院政策審議会長を歴任、また札幌オリンピック誘致に尽力した。1970年第3次佐藤内閣で、国務大臣(科学技術庁長官・北海道開発庁長官・原子力委員長・札幌オリンピック担当大臣・宇宙開発委員長)として入閣。科技庁長官として海洋科学技術センター(現・海洋研究開発機構)法案を成立させている。1974年参院選では保守系候補者の乱立のあおりを受け落選、政界を引退する。

苫小牧町職員時代より取り組んできた、苫小牧港・苫小牧東部工業港の建設を推進し、同市の港湾・工業都市としての発展に貢献した。また自身も1960年苫小牧埠頭を設立して社長となり、地元随一の有力企業に育て上げた。スポーツ界においても活躍し、1968年にはグルノーブルオリンピックの日本選手団長を務め、また日本スケート連盟副会長・北海道アイスホッケー連盟会長等の要職を歴任した。

1988年には、北海道苫小牧市より、名誉市民の称号を贈られる。

2003年4月10日、心不全により死去。享年100。

エピソード[編集]

  • 科技庁長官時代、予算折衝にあたって先進諸国の科学技術予算比率をグラフ化し、日本の低水準ぶりをアピールするという意表を突いた作戦に打って出た。時の蔵相福田赳夫をうならせ、前年対比40%増の予算獲得に成功した。

外部リンク[編集]


公職
先代:
野田武夫
日本の旗 北海道開発庁長官
第31代:1970年 - 1971年
次代:
渡海元三郎
先代:
木内四郎
日本の旗 科学技術庁長官
第22代:1970年 - 1971年
次代:
平泉渉