伊江朝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊江 朝雄(いえ ともお、1921年5月17日 - 2007年5月14日)は、日本政治家自由民主党参議院議員北海道開発庁長官沖縄開発庁長官沖縄県出身者初の国務大臣として知られる。

経歴[編集]

政歴[編集]

  • 1977年の参議院議員選挙全国区から出馬し当選。以後3期務めた。沖縄開発政務次官、参議院大蔵委員長などの要職を歴任し、1991年宮澤内閣で北海道開発庁長官兼沖縄開発庁長官として入閣。1994年、参議院公式訪問団団長としてブルガリアを訪問。1995年の参院選で落選し政界を引退した。
  • 1996年、琉球新報賞、1999年には沖縄タイムス賞、2000年には沖縄県功労者表彰をそれぞれ受賞。
  • ほかに、弾劾裁判所裁判長第一代理、参議院賀詞案起草に関する特別委員長、参議院改革協議会座長、参議院国会等の移転に関する特別委員長、関東沖縄関係団体協議会会長などを務めた。

トピックス[編集]

  • 重要文化財の伊江御殿墓、沖縄県有形文化財に指定されている「伊江家文書」の所有者でもあった。
  • 国鉄時代は「ディスカバー・ジャパン」キャンペーンを展開し、観光ブームの火付け役を果たした。
  • 国鉄在職中、雑誌『鉄道ファン』の創刊に関わった。

脚注[編集]


議会
先代:
下条進一郎
日本の旗 参議院議院運営委員長
第40代:1991年
次代:
井上孝
先代:
戸塚進也
日本の旗 参議院大蔵委員長
1983年 - 1984年
次代:
藤井裕久
公職
先代:
谷洋一
日本の旗 沖縄開発庁長官
第26代:1991年 - 1992年
次代:
北修二