櫻内辰郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
櫻内辰郎
さくらうち たつろう
生年月日 1886年3月13日
出生地 鳥取県米子市
没年月日 (1954-11-14) 1954年11月14日(68歳没)
出身校 早稲田大学政治経済科[1]
所属政党 立憲民政党→)
緑風会→)
国民民主党→)
改進党
親族 兄・櫻内幸雄
甥・櫻内乾雄
甥・櫻内義雄

選挙区 全国区
当選回数 1回
在任期間 1947年5月3日 - 1953年5月2日

選挙区 東京都第1区
当選回数 2回
在任期間 1928年2月21日 - 1932年1月21日
テンプレートを表示

櫻内 辰郎(さくらうち たつろう、1886年明治19年)3月13日 - 1954年昭和29年)11月14日)は、日本実業家政治家。元衆議院議員、参議院議員

1928年、東京府1区から立憲民政党に属し衆院議員に選出され、次期選挙にも当選した[2]1947年には東京都から参院議員に当選した[2]。国民民主党最高委員、参院予算、大蔵、外務各委員長を務めた[2]。このほか東海ラミー紡績社長、桜内商事社長、朝鮮産金社長なども歴任した[2]。兄は商工相・農相・蔵相等を歴任した櫻内幸雄。元中国電力会長の櫻内乾雄、元衆議院議長の櫻内義雄などは甥。

経歴[編集]

鳥取県西伯郡米子町(現米子市)で生まれた。島根県士族・櫻内和一郎の二男[3]

早稲田大学政治経済科で学んだ[1]。亀崎銀行に入り、常務取締役に挙げられた[1]。興國銀行取締役を経て、日本人造絹絲会社を創立し常務取締役に就任した[1]。櫻組工業、日本コナミルク各会社取締役となる[1]

1928年(昭和3年)、第16回衆議院議員総選挙に旧東京都第1区から民政党公認で立候補し初当選、2年後の第17回衆議院議員総選挙でも前回同様旧東京都第1区から民政党公認で立候補し2度目の当選。戦後平和日本確立連盟理事長、東邦石油、朝鮮産金、日本興産各社長を歴任[4]1947年(昭和22年)参議院議員に当選した。

家族・親族[編集]

櫻内家

東京市芝区車町[1]

1850年 -
櫻内家は江戸時代、広瀬藩主松平家家臣だった。廃藩の頃、櫻内家にはいった松平家からの頂戴金と士族に対する政府の御下げ渡し金を資本にして和一郎はあれこれと事業に手を出したが、うまくいかず次第に食いつぶしてしまった[5]
  • 兄・幸雄(実業家、政治家)
1880年 - 1947年
1889年 -
  • 男・英男[1](アポロ学園歯科衛生士専門学校経営)[7]
1917年 -

参考文献[編集]

  • 猪野三郎 監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)サ九九頁
  • 『政治家人名事典』(1990年、編集・発行 - 日外アソシエーツ)235頁

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『人事興信録 第11版上』人事興信所、1937年、サ一七三頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月13日閲覧。
  2. ^ a b c d 『政治家人名事典』編集・発行 - 日外アソシエーツ、1990年、編集・発行 - 日外アソシエーツ編集・発行 - 日外アソシエーツ235頁。
  3. ^ 猪野三郎監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)サ九九頁より
  4. ^ 『第十六版人事興信録(上)』さ五九頁より
  5. ^ 『櫻内家の人々』32頁
  6. ^ 『人事興信録 第9版』]人事興信所、1931年、サ一二一頁
  7. ^ 2015年2月19日、往訪: アポロ歯科衛生士専門学校(東京都中野区上高田)。本学卒業生(旧制東洋女子歯科医学専門学校指定後13回生)が創設した歯科衛生士学校の沿革と現況について(東洋学園史料室)