前田佳都男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
前田 佳都男
まえだ かづお
生年月日 1910年11月24日
出生地 和歌山県
没年月日 (1978-01-04) 1978年1月4日(満67歳没)
出身校 東京帝国大学法学部
前職 大阪郵便局長
所属政党 自由民主党

在任期間 1974年7月27日 - 1977年7月28日
議長 河野謙三

内閣 第2次田中角栄内閣
在任期間 1972年12月22日 - 1973年11月25日

選挙区 和歌山県地方区
当選回数 4回
在任期間 1956年7月8日 - 1978年1月4日
テンプレートを表示

前田 佳都男(まえだ かづお、1910年11月24日 - 1978年1月4日)は、日本政治家自由民主党参議院議員(4期)。参議院副議長和歌山県出身。東京法学院卒で高野口郵便局長、伊那合同銀行取締役を務めた前田友次郎の長男。息子は法務大臣を務めた前田勲男

来歴・人物[編集]

旧制和歌山県立伊都中学より1934年東京大学法学部卒業。逓信省に入省後、1937年小倉郵便局長、1943年貯金局企画課長、郵務局逓送課長、郵務局次長などを歴任し、1955年大阪郵政局長を最後に退官。政界入りを目指し翌年の参議院選挙に和歌山地方区から自民党公認で出馬し初当選。連続当選4回。大蔵政務次官、参議院大蔵委員長などを経て、1972年12月、第2次田中角榮内閣科学技術庁長官として初入閣。1974年7月から1977年7月まで参議院副議長を務めた。

自民党では佐藤栄作派(周山会)に属し、郡祐一斎藤昇徳永正利らとともに参院佐藤派の重鎮として重きをなした。1972年、同派の田中角栄が次期総理総裁を目指して田中派を旗揚げするとこれに参加した。

1978年1月4日死去。享年67。地盤は息子の勲男に引き継がれた。

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第4回参議院議員通常選挙 1956年7月8日 和歌山県地方区 自由民主党 226,787 60.5 1/2 - -
第6回参議院議員通常選挙 1962年7月1日 和歌山県地方区 自由民主党 239,277 59.3 1/3 - -
第8回参議院議員通常選挙 1968年7月7日 和歌山県地方区 自由民主党 258,276 57.0 1/3 - -
第10回参議院議員通常選挙 1974年7月7日 和歌山県地方区 自由民主党 280,816 55.8 1/3 - -
当選回数4回 (参議院議員4)


議会
先代:
森八三一
日本の旗 参議院副議長
第13代:1974年 - 1977年
次代:
加瀬完
先代:
柴田栄
日本の旗 参議院大蔵委員長
1971年 - 1972年
次代:
藤田正明
先代:
三木與吉郎
日本の旗 参議院運輸委員長
1961年 - 1962年
次代:
村松久義
公職
先代:
中曽根康弘
日本の旗 科学技術庁長官
第26代:1972年 - 1973年
次代:
森山欽司
先代:
中曽根康弘
日本の旗 総理府原子力委員会委員長
第26代:1972年 - 1973年
次代:
森山欽司