近岡理一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
近岡 理一郎
ちかおか りいちろう
生年月日 1926年9月7日
出生地 日本の旗 日本 山形県最上郡真室川村
没年月日 (2016-06-08) 2016年6月8日(89歳没)
死没地 日本の旗 日本 山形県最上郡真室川町
出身校 陸軍士官学校
所属政党 自由民主党
称号 旭日大綬章

内閣 第2次橋本内閣
在任期間 1996年11月7日 - 1997年9月11日

選挙区 旧山形2区→)
山形3区
当選回数 7回
在任期間 1980年 - 2003年

当選回数 6回
在任期間 1959年 - 1980年
テンプレートを表示

近岡 理一郎(ちかおか りいちろう、1926年9月7日 - 2016年6月8日[1])は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(7期)。  

来歴[編集]

1926年山形県最上郡真室川村(現・真室川町)に生まれ、1944年3月6日に陸軍士官学校入校(第60期)。戦後は真室川町議会議員を経て、1959年山形県議会議員に当選[2]。以後6期連続で当選し、在職中には県議会議長も務めた[2]

1980年6月22日、松沢雄蔵の後継として第36回衆議院議員総選挙に自民党公認候補として出馬し、初当選した[2]。以後第42回衆議院議員総選挙まで7期連続当選した。在職中は山形新幹線の新庄延伸や東北中央自動車道新庄市-酒田市間の地域高規格道路の整備、庄内空港の開港などに貢献した[2]。また、第3次中曽根内閣で総務政務次官1986年7月23日-1987年11月6日)、宇野内閣第1次海部内閣で厚生政務次官(1989年6月3日-1990年2月28日)、第2次橋本内閣科学技術庁長官1996年11月7日-1997年9月11日)を歴任した。自民党内では最大派閥の田中角栄竹下登小渕恵三橋本龍太郎派に属した。

2003年10月10日、衆議院解散に伴い「選挙民からいただいた議席をお返ししたい」として政界を引退[2]第43回衆議院議員総選挙では、秘書の逮捕を受け自民党を離党・議員辞職していた加藤紘一の政界復帰を支援した[2]

2016年6月8日、肺炎と呼吸不全により入院先の真室川病院で死去[2]。6月18日に葬儀・告別式が執り行われ、岸宏一が葬儀委員長を務め500人が参列した[3]。生前に叙勲の話があったが、戦死した同胞を想い「仲間の気持ちに寄り添いたい」として固辞していた[4]。叙従三位旭日大綬章追贈[5]

脚注[編集]

  1. ^ “近岡理一郎元科学技術庁長官 死去”. NHKニュース. (2016年6月9日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160609/k10010550911000.html 2016年6月9日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g 近岡理一郎氏が死去、89歳 元科学技術庁長官”. 山形新聞 (2016年6月9日). 2016年6月19日閲覧。
  3. ^ 近岡氏との別れ惜しむ 地元・真室川で葬儀式告別式”. 山形新聞 (2016年6月19日). 2016年6月19日閲覧。
  4. ^ 県内、近岡理一郎さん惜しむ声 「最上の大きな星だった」”. 山形新聞 (2016年6月10日). 2016年6月19日閲覧。
  5. ^ 『官報』6811号(平成28年7月6日)

関連項目[編集]


議会
先代:
中馬弘毅
日本の旗 衆議院科学技術委員長
1991年 - 1993年
次代:
小澤潔
先代:
岸田文武
日本の旗 衆議院内閣委員長
1991年
次代:
桜井新
公職
先代:
中川秀直
日本の旗 科学技術庁長官
第55代:1996年 - 1997年
次代:
谷垣禎一