瀬谷英行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
瀬谷 英行
せや ひでゆき
生年月日 1919年2月28日
出生地 東京府
没年月日 (2008-12-16) 2008年12月16日(89歳没)
出身校 中央大学法学部
前職 埼玉県公労協議長
所属政党 (日本社会党→)
社会民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
参議院永年在職議員

在任期間 1986年7月22日 - 1989年8月7日

選挙区 埼玉県地方区
当選回数 6回
在任期間 1962年7月7日 - 1998年7月25日
テンプレートを表示

瀬谷 英行(せや ひでゆき、1919年2月28日 - 2008年12月16日)は、日本政治家。元日本社会党参議院議員。元参議院副議長正三位勲一等旭日大綬章

来歴・人物[編集]

東京府に生まれ、1931年 中央大学法学部卒業後、鉄道省に就職。戦後国鉄労働組合(国労)の結成に参加し反共連盟→民主化同盟で活動、埼玉県公労協議長を歴任した。

1962年7月参院選に埼玉県地方区から社会党公認で出馬し当選、6期務める。党埼玉県連会長・党参議院国会対策委員長を経て1983年7月参院選後に石橋政嗣新委員長が就任すると、党参議院議員会長に就任。1986年7月の衆参同日選後で参院副議長に就任し、1989年まで務めた。

1992年参院選で引退を表明するも後継候補が出馬を辞退、結局出馬して1998年まで参院議員を務めた。1996年社会民主党結成に参加。同年10月の総選挙を前に所属議員の多くが民主党に移籍する中、社民党に残留した数少ない議員の一人となった。

俳句川柳を趣味とし、記者に求められて即興で一句ひねることもあった。孫の手を引いて選挙運動する様子なども話題となった。

2008年12月16日老衰のため埼玉県熊谷市の病院で死去。89歳没。

政策・主張[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛成していた。「夫婦が同姓であろうと別姓になろうと痛くもかゆくもないことなんだ、どうでもいいじゃないかという気がするんですよ。一体(導入するのに)どこに支障があるのか?」とも述べた[1]

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第6回参議院議員通常選挙 1962年7月1日 埼玉県地方区 日本社会党 250,789 27.0 2/6 - -
第8回参議院議員通常選挙 1968年7月7日 埼玉県地方区 日本社会党 402,774 33.7 2/3 - -
第10回参議院議員通常選挙 1974年7月7日 埼玉県地方区 日本社会党 566,665 27.7 1/6 - -
第12回参議院議員通常選挙 1980年6月22日 埼玉県地方区 日本社会党 604,635 27.2 2/5 - -
第14回参議院議員通常選挙 1986年7月6日 埼玉県選挙区 日本社会党 698,600 29.7 1/9 - -
第16回参議院議員通常選挙 1992年7月26日 埼玉県選挙区 日本社会党 420,722 25.1 2/10 - -
当選回数6回 (参議院議員6)

脚注[編集]

  1. ^ 参議院会議録 第123回国会 法務委員会 第2号 平成四年三月十二日(木曜日)
議会
先代:
阿具根登
日本の旗 参議院副議長
第18代:1986年 - 1989年
次代:
小野明
先代:
前川旦
日本の旗 参議院決算委員長
1975年 - 1976年
次代:
鈴木力