高野一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高野 一夫(たかの かずお、1900年明治33年)2月25日[1] - 1980年昭和55年)2月23日[1][2][3])は、日本の薬学者、政治家参議院議員薬学博士[1][2]

経歴[編集]

鹿児島県出身[1][2]。1924年(大正13年)東京帝国大学医学部薬学科を卒業した[1]

満州稲畑産業専務、海南薬品工業社長、高野薬品社長、九州大学講師、徳島大学講師などを務めた[2]

1953年(昭和28年)4月の第3回参議院議員通常選挙全国区から自由党所属で出馬して当選[2]第5回通常選挙でも当選し、参議院議員を連続2期務めた[1][2]。この間、社会保障制度審議会委員、自由民主党副幹事長、同国会対策副委員長、同政務調査会副会長、同両院議員総会副会長、同参議院政策審議会副会長、同鹿児島県連会長、参議院決算委員長、同社会労働委員長、同地方行政委員長などを務めた[2]

その他、日本薬剤師会会長に在任(6期)した[1][2][3]

1980年2月、心不全により鎌倉市の自宅で死去した[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『新訂 政治家人名事典』349頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』346-347頁。
  3. ^ a b c 『現代物故者事典 1980〜1982』187頁。

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代物故者事典 1980〜1982』日外アソシエーツ、1983年。