伊藤保平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊藤保平
いとう やすへい
生年月日 1882年8月26日
出生地 日本の旗 日本 兵庫県武庫郡西宮町浜之町
(現兵庫県西宮市)
没年月日 (1965-06-07) 1965年6月7日(82歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都中央区銀座
出身校 慶應義塾大学理財科卒業[1]
現職 西宮酒造社長[2]
(現日本盛)
所属政党 (無所属→)
緑風会
配偶者 伊藤松枝

選挙区 全国区
当選回数 1回
在任期間 1947年5月3日 - 1953年5月2日


Flag of Nishinomiya, Hyogo.svg 西宮市会議員
テンプレートを表示

伊藤 保平(いとう やすへい、1882年明治15年)8月26日[3][4] - 1965年昭和40年)6月7日[3][5])は、明治末から昭和期の酒造家、実業家政治家。西宮酒造(現日本盛)社長[6]参議院議員。旧姓・大岡、幼名・佐吉郎[3]

経歴[編集]

兵庫県[5]武庫郡西宮町浜之町[3](現西宮市)で、酒樽業・大岡佐平治の二男として生まれる[3][4]。1892年(明治25年)4月、西宮町三号地の酒造業・伊藤米蔵の養嗣子となり、同年、保平に改名した[3]。1906年(明治39年)4月[1]慶應義塾大学理財科を卒業した[1][3][5]

同年4月、共同火災保険(現在のあいおいニッセイ同和損害保険の前身のひとつ)に入社[3]。1912年(明治45年)5月に家督を相続し[4]、6月に西宮酒造取締役に就任した[3]。1919年(大正8年)5月、同社取締役社長となる[3][7]。兵庫県酒造組合連合会長、日本酒造組合中央会会長、日本醸造協会理事、中央物価委員会専門委員、酒類価格形成委員、大日本酒類販売相談役、中央酒類委員会委員、中央酒類取締役会長、同相談役、大蔵省煙草定価審議会委員なども務めた[3][5]

政界では、西宮市会議員に選出され、1933年(昭和8年)6月、同議長に就任した[3][5]。戦後、1947年(昭和22年)4月の第1回参議院議員通常選挙全国区から無所属で出馬して当選し[8]緑風会に所属して参議院議員に1期在任した[5]。日本酒造協会相談役、日本酒造組合中央会相談役、焼酎酒造組合中央会相談役、宝酒造顧問、中央酒類審議会委員、慶應義塾評議員なども務めた[3][5]

1956年(昭和31年)4月、西宮酒造取締役会長、1964年(昭和39年)11月、同取締役社長に就任し、1965年6月、東京都中央区銀座の菊地病院で、欝血性心不全のため死去した[3]

人物[編集]

伊藤は造り酒屋出身の池田勇人とは親友で、酒造業界幹部として池田を応援した[9]。宗教は浄土宗[2]。趣味は、旅行[2]。住所は兵庫県西宮市鞍掛町[2][6]

著作[編集]

  • 編『勝部如春斎伝 : 附百五十年祭記念遺墨展覽会出品目録』伊藤保平、1934年。
  • 編『酒字集古』横山印刷、1958年。
  • 佐々木久子制作『伊藤保平遺墨集』伊藤精三、1971年。

親族[編集]

伊藤家
  • 祖母[4]
  • 養父・米蔵1861年 - ?、西宮酒造常務取締役)[10]
  • 養母・かめ1866年 - ?、兵庫、永井増吉の妹)[6][10]
  • 妻・松枝1892年 - ?、大阪、川原儀六の長女)[4][6]
  • 三男[6]
  • [6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『慶応義塾総覧 大正3年』177頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年7月5日閲覧。
  2. ^ a b c d 『大衆人事録 第12版 近畿・中国・四国・九州篇』兵庫11頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2022年2月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「伊藤保平氏 経歴」『伊藤保平遺墨集』339-343頁。
  4. ^ a b c d e 『人事興信録 第4版』い25 - 26頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年7月4日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』242-243頁。
  6. ^ a b c d e f 『人事興信録 第12版 上』イ91頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年7月5日閲覧。
  7. ^ 『新川物語』104頁。
  8. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』538頁。
  9. ^ 『伊藤保平遺墨集』13頁、『新川物語』104-105頁。
  10. ^ a b 『人事興信録 第3版』い40頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年7月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第3版』人事興信所、1903 - 1911年。
  • 慶応義塾編『慶応義塾総覧 大正3年』慶応義塾、1914年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第12版 近畿・中国・四国・九州篇』帝国秘密探偵社ほか、1938年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 上』人事興信所、1940年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 望月由隆『新川物語:酒問屋の盛衰』文藝春秋企画出版部、2010年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。