菊川孝夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菊川 孝夫(きくかわ たかお、1909年明治42年)12月[1][2] - 1986年昭和61年)1月18日[1][2])は、昭和期の労働運動家、政治家参議院議員

経歴[編集]

三重県出身[1][2]。1927年(昭和2年)名古屋鉄道局教習所普通部業務科を卒業し[1][2]、同年、北陸線糸魚川駅貨物掛に就任した[2]

その後、国鉄労働組合総連合会準備委員長、同初代中央執行副委員長、全国官公庁労働組合連絡協議会副議長、国会闘争共同委員会事務局長などを務めた[1][2]

1950年(昭和25年)6月の第2回参議院議員通常選挙全国区日本社会党公認で出馬して当選し[3]、参議院議員に1期在任した[1][2]。この間、社会党中央執行委員などを務めた[2]。1956年(昭和31年)7月の第4回通常選挙三重県地方区に鞍替えして立候補したが、斎藤昇に惜敗した[4][5]。1959年(昭和34年)6月の第5回通常選挙で、再度、三重県地方区から立候補したが井野碩哉に敗れた[4][6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』196頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』293頁。
  3. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』540頁。
  4. ^ a b 『国政選挙総覧 1947-2016』476頁。
  5. ^ 『日本政治史に残る三重県選出国会議員』225頁。
  6. ^ 『日本政治史に残る三重県選出国会議員』235頁。

参考文献[編集]

  • 廣新二『日本政治史に残る三重県選出国会議員』廣新二、1985年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。