小巻敏雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小巻敏雄(こまき としお、1920年3月21日[1] - 1990年6月16日)は日本教育者政治家。元参議院議員日本共産党公認)。

来歴[編集]

京都府生まれ[2]早稲田大学卒業[3]後、郷里の京都や大阪両府で高校教師を務める傍ら、大阪府高教組の委員長に就任[3]1974年第10回参議院議員通常選挙全国区から出馬し初当選を果たす。当選1回。党内では文教委員などを歴任した。

1990年6月16日、心筋梗塞のため奈良県奈良市県立奈良病院で死去。70歳[2]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代物故者事典 1988~1990』(日外アソシエーツ、1993年)p.270
  2. ^ a b 1990年6月18日朝日新聞 夕刊 15面
  3. ^ a b 1974年7月9日朝日新聞 6面 「新しい参議院議員」

関連項目[編集]