西田天香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
西田 天香
にしだ てんこう
西田 市太郎
にしだ いちたろう
生年月日 1872年3月18日
出生地 滋賀県長浜
没年月日 (1968-02-29) 1968年2月29日(満95歳没)
前職 一燈園当番
所属政党 一燈園→)
緑風会→)
一燈園
称号 長浜市名誉市民

選挙区 全国区
当選回数 1回
在任期間 1947年5月3日 - 1953年5月2日
テンプレートを表示

西田 天香(にしだ てんこう、1872年3月18日明治5年2月10日) - 1968年昭和43年)2月29日)は、滋賀県長浜市生まれの宗教家社会事業家政治家一燈園の創始者。参議院議員。本名は市太郎。

生涯[ソースを編集]

一燈園前[ソースを編集]

滋賀県長浜市の西田天香生家

明治5年(1872年)、滋賀県長浜の紙問屋「玉屋」に生まれる。

明治19年(1886年)、開智学校高等科を卒業する。翌20年に義母を、24年に父を亡くす。同年結婚。

明治26年(1893年)、地元の財界の後押しで、北海道空知郡栗沢村に開拓主監として入植、同29年(1896年)には北海道亜麻製線株式会社を設立するも不振や出資者と労働者との板挟みになり辞任、失意の中、左足中指を切り落とし、帰郷。

一燈園後[ソースを編集]

この頃、南禅寺豊田毒潭河野霧海建仁寺竹田黙雷に参禅し、下座行を知る。また、トルストイの『わが宗教』を読んで感動。明治37年(1904年)4月27日、長浜八幡神社境内の愛染堂にて断食坐禅を行い、3日後に宗教的転回を得、路頭托鉢・下座行に入る。

大正2年(1913年)、前妻のぶと離婚し、奥田かつ(西田照月)と結婚。京都鹿ヶ谷に一燈園を支援者の喜捨により開設。思想家・綱島梁川の『一燈録』から命名した。

大正6年(1917年)、同園での体験を元にした倉田百三の『出家とその弟子』がベストセラーとなり、西田と一燈園が知られるようになった。

大正8年(1919年)、機関誌『光』の刊行を始め、「六万行願」を創設する。

大正10年(1921年)、自身の宗教的転回についてまとめた『懺悔の生活』(春秋社)がベストセラーとなる。

大正11年(1922年)、親類より引き継いだ田乃沢鉱山の経営資金問題が新聞沙汰となる。

昭和3年(1928年)、元八幡町長・西川庄六の喜捨により、山科一燈園(現、財団法人懺悔奉仕光泉林)を設立。

昭和6年(1931年)、すわらじ劇園を始める。

昭和19年(1944年)、日本毛織加古川工場へ、産業報告托鉢に出かける。

昭和22年(1947年)、支援者の依頼で第1回参議院議員通常選挙に無所属で立候補し、当選。参議院議員となり、その後緑風会に参加。返上できなかった議員歳費を貯蓄し、そのまま国連協会ユニセフに寄付した。

昭和28年(1953年)、参議院議員選挙に立候補するも落選。

昭和29年(1954年)、孫の多戈止(武)を後継当番に指名する。

昭和30年(1955年)、妻の西田照月に先立たれる。

昭和42年(1967年)、長浜市の名誉市民第1号に推される

昭和43年(1968年)、帰光(死去)

家族[ソースを編集]

  • 長男 - 西田保太郎(保香、1892-1933)
    • 長男 - 西田多戈止(1931-)
  • 次男 - 西田理一郎(透石、1902-1922)

六万行願[ソースを編集]

以下の6つの行をそれぞれ1万回結縁する。

  1. 礼拝 - おがませてもらう
  2. 清潔 - 不浄の掃除
  3. 弁事 - 何なりと弁ずる
  4. 慰撫 - 撫でさせてもらう
  5. 懺悔 - あやまらせてもらう
  6. 行乞 - 頂かせてもらう

著書[ソースを編集]

  • 『懺悔の生活』(春秋社、1921年)
  • 『托鉢行願』(春陽堂、1922年)
  • 『近代文化と一灯園』(回光社、1925年)
  • 『黎明のさゝやき』(回光社、1926年)
  • 『〇』(中外出版、1926年)
  • 『亜米利加をのぞいてきて』(回光社、1929年)
  • 『白日に語る 一灯園から見た社会問題』(回光社、1930年)
  • 『黎明のさゝやき』(回光社、1930年)
  • 『一灯無尽 一灯園夏の集り講話』(回光社、1932年)
  • 『一灯園と維摩経 一灯園夏の集り講話』(回光社、1933年)
  • 『こゝろの屑籠』(回光社、1934年)
  • 『下坐の生活』(洛南教苑出版部、1934年)
  • 『思ひ出』(回光社、1935年)
  • 『不二の生活 一灯園から見た維摩経』(回光社、1935年)
  • 『幸福なる者 キリスト山上の垂訓講話』(同光社、1936年)
  • 『光明祈願』(回光社、1937年)
  • 『祭政一致と光の生活』(回光社、1939年)
  • 『拝みあひの生活』(回光社、1939年)
  • 『箒のあと』(回光社、1941年)
  • 『真文化への門』(回光社、1947年)
  • 『地涌の生活 一燈園生活五十年の回顧』(一灯園出版部、1959年)
    • 『十年の回顧』(一灯園出版部、1962年)
    • 西田天香選集』全5巻(春秋社、1967-1971年)
  • 『愛染堂の三日間』(一燈園出版部、1995年)
  • 『大震災に当って 天香さんに学ぶ』(一燈園出版部、1995年)
  • 『一事実 天華香洞録抄』(一燈園出版部、1996年)
  • 『天華香洞録』全6巻・別巻1(一燈園生活創始百周年記念「天華香洞録刊行会」、2004年)

伝記[ソースを編集]

参考文献[ソースを編集]

  • 『一燈園 西田天香の生涯』(三浦隆夫著、春秋社、1999年)

関連項目[ソースを編集]

西田天香展[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]

名誉職
先代:
木檜三四郎
最年長参議院議員
1950年5月 - 1953年5月
次代:
宇垣一成