中川以良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中川 以良(なかがわ もちなが、1900年明治33年)1月29日1997年平成9年)10月24日)は、日本の実業家政治家四国電力社長、参議院議員香川県名誉県民

経歴[編集]

山口県出身。東京府立一中を経て、1924年東京農業大学を卒業。さらにドイツに留学しベルリン農科大学で学んだ。その後、朝鮮皮革取締役社長、皮革統制会理事長、皮革協会会長、皮革産業中央会会長などを歴任。

戦後、1947年4月、第1回参議院議員通常選挙全国区に出馬し当選(任期3年)。1950年6月の第2回通常選挙山口県選挙区自由党から出馬して当選し、参議院議員を二期務めた。1956年7月の第4回通常選挙には出馬せず引退した。

参議院議員としては、第2次第3次吉田内閣経済安定政務次官、自由党政務調査会顧問、同党常任総務、参議院自由党幹事長、参議院大蔵委員長、同通商産業委員長参議院仮議長などを歴任。

その他、四国電力社長、大日本農会理事、日本中小業連盟常任理事、皮革産業協同組合理事長、東京農業大学理事などを務めた。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。