瓜生清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

瓜生 清(うりう きよし、1920年大正9年)10月26日[1] - 1970年昭和45年)11月9日[2][3])は、昭和期の労働運動家、政治家参議院議員

経歴[編集]

大阪府出身[2][3][注 1]。1942年(昭和17年)関西大学専門部を卒業した[2][3]。兵役に従事[2]

復員後、織布会社に入社[2][3]。1949年(昭和24年)労働運動に加わり主に繊維産業対策に従事[2][3]。大阪府地方労働委員、社会保障診療報酬支払基金理事、社会保障制度審議会(現社会保障審議会)委員などを務めた[2][3]

1965年(昭和40年)7月の第7回参議院議員通常選挙全国区に民主社会党(民社党)公認で出馬して当選[2][4]。民社党中央執行委員、同党選挙対策委員長、全国繊維産業労働組合同盟(のちゼンセン同盟)顧問などを務めた[2][3]。在任中の1970年11月に死去し参議院議員を1期務めた[3]

1970年(昭和45年)11月9日、食道静脈瘤破裂のため死去。葬儀、告別式は同月18日、青山葬儀所にて民社党、全繊同盟の合同葬として行われた[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『大阪紳士録』178頁では出生地を「福岡県直方市」と記載。

出典[編集]

  1. ^ 『大阪紳士録』178頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』93頁。
  3. ^ a b c d e f g h 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』259頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』549頁。
  5. ^ 訃報欄 故瓜生清氏の葬儀『朝日新聞』1970年(昭和45年)11月10日朝刊 12版 23面

参考文献[編集]

  • 大阪図書出版編『大阪紳士録 第1版』大阪図書出版、1959年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。

外部リンク[編集]