寺尾豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
寺尾 豊
てらお ゆたか 
生年月日 1898年(明治31年)1月23日
出生地 高知県須崎町(現・須崎市
没年月日 (1972-11-27) 1972年11月27日(74歳没)
出身校 立正大学高等師範部
前職 高知造船社長
所属政党日本自由党→)
自由党→)
自由民主党

日本の旗 第13代 郵政大臣
内閣 第2次岸内閣
在任期間 1958年6月12日 - 1959年6月18日

在任期間 1956年5月9日 - 1958年6月12日
議長 松野鶴平

選挙区 (全国区→)
高知県地方区
当選回数 5回
在任期間 1947年5月3日 - 1971年7月3日
テンプレートを表示

寺尾 豊(てらお ゆたか、男性、1898年(明治31年)1月23日1972年(昭和47年)11月27日)は、昭和期の政治家実業家郵政大臣自由民主党国会議員皇室会議議員[1]板垣退助先生顕彰会会長[2]勲一等瑞宝章受章。

来歴・人物[編集]

青年期[編集]

白石純成の三男として、高知県高岡郡須崎町(現・高知県須崎市)に生まれる。後に寺尾英吉の養子となる。私立高知工業学校を卒業後、職工を経て上京する。

1929年(昭和4年)3月、立正大学高等師範部を卒業[3]1934年(昭和9年)に関東正機を設立し代表取締役に就任。戦時中は、同郷高知県出身の軍人永野修身の仲介により、帝国海軍魚雷用のジャイロスコープを納入。のち、高知造船の社長となり、中小型船舶を生産。これらが成功して財を成した[3]

政治家として[編集]

1946年(昭和21年)、第22回衆議院議員総選挙日本自由党から高知全県1区にて立候補し当選[3]。翌1947年(昭和22年)の総選挙では吉田茂に地盤を譲るため、自身は同年第1回参議院議員通常選挙に全国区から鞍替えして出馬し当選した(3年議員として2回当選)[3]。その後1953年(昭和28年)の第3回参議院議員通常選挙から高知県選挙区に移り、以後参議院当選通算5回を数えた[1]

参議院では松野鶴平の側近となる。快活・温厚な人柄で、野党との調整能力があった。第2次吉田茂内閣では、地方財政政務次官、参議院議会運営委員長を務める[3]1956年(昭和31年)参議院副議長1958年(昭和33年)第2次岸内閣では郵政大臣として入閣[3]。在任中は資材の購入を巡る電電公社のお家騒動に遭遇したが、当時の梶井剛総裁・靱勉副総裁・中尾徹技師長を一挙に更迭するという荒療治を施し解決に導いた。その後は参院予算委員長、外務各委員長などを歴任[3]。皇室会議議員、自由民主党国対委員長などを務めた[3]

文化事業活動[編集]

1968年(昭和43年)は、明治維新百年かつ、自由民主党の源流となる愛国公党ならびに自由党を創設した板垣退助が薨去50回忌を迎えることになるため、7月、自身が会長を務める「財団法人板垣会(高知県)」を母体として、「東京高知県人会」などに呼びかけて有志を募り「板垣退助先生顕彰会」を設立(名誉総裁・佐藤栄作、名誉会長・溝渕増巳、最高顧問・山内豊秋)[2]。同年12月8日、東京・品川で「明治維新百年・板垣退助先生五十回忌墓前祭」を挙行。自由民主党結党の精神を尊び、退助の子孫らを招き、参議院議員塩見俊二らと共に退助の墓前に「板垣死すとも自由は死せず」の石碑(佐藤栄作揮毫、高知県岩石を使用)を建立した[2]。さらに同12月22日、「吉村虎太郎先生銅像建設期成同盟会」によって「吉村虎太郎先生像[4]」が建立されることとなり寺尾豊が題字の揮毫を行った[5]。これらの活動により、同年、勲一等瑞宝章を受章。

翌年(昭和44年)4月6日板垣退助岐阜遭難記念の日を期して、高知県高知市薊野(板垣山)の乾家歴代墓所に、板垣退助の分骨墓を建立。さらに板垣退助遺著『立國の大本』を復刻出版し、板垣精神の顕彰に取り組んだ[2]

政界引退以降[編集]

1971年(昭和46年)政界を引退。

1972年(昭和47年)11月27日、脳出血のため逝去。享年74歳[6]

補註[編集]

  1. ^ a b 『新訂政治家人名事典』
  2. ^ a b c d 『板垣精神 -明治維新百五十年・板垣退助先生薨去百回忌記念-』”. 一般社団法人 板垣退助先生顕彰会 (2019年2月11日). 2020年8月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 『20世紀日本人名事典』日外アソシエーツ、2004年
  4. ^ 所在地・高知県高岡郡東津野村新田
  5. ^ 『土佐人の銅像を歩く』岩崎義郎著、土佐史談会、2003年
  6. ^ 『367日誕生日大事典』日外アソシエーツ

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第1回参議院議員通常選挙 1947年10月7日 全国区 日本自由党 116,027 ' 57/258 - -
第2回参議院議員通常選挙 1950年6月4日 全国区 自由党 144,524 ' 56/? - -
第3回参議院議員通常選挙 1953年4月24日 高知県地方区 自由党 196,580 59.5 1/2 - -
第5回参議院議員通常選挙 1959年6月2日 高知県地方区 自由民主党 231,637 62.5 1/2 - -
第7回参議院議員通常選挙 1965年7月4日 高知県地方区 自由民主党 227,309 60.2 1/3 - -
当選回数5回 (参議院議員5)
議会
先代:
小柳牧衛
日本の旗 参議院外務委員長
1965年
次代:
木内四郎
先代:
太田正孝
日本の旗 参議院予算委員長
1964年 - 1965年
次代:
平島敏夫
先代:
重宗雄三
日本の旗 参議院副議長
第5・6代:1956年 - 1958年
次代:
平井太郎
先代:
草葉隆圓
川村松助
日本の旗 参議院議院運営委員長
第12代:1954年 - 1955年
第10代:1952年 - 1953年
次代:
郡祐一
草葉隆圓
先代:
松野喜内
日本の旗 参議院電気通信委員長
1950年 - 1951年
次代:
鈴木恭一
公職
先代:
田中角栄
日本の旗 郵政大臣
第13代:1958年 - 1959年
次代:
植竹春彦