沢田実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

沢田 実(さわだ みのる、1923年(大正12年)11月10日[1] - 1976年(昭和51年)7月6日[1])は、日本政治家公明党参議院議員(1期)。

経歴[編集]

岐阜県出身[2]法政大学修了[2]。川崎航空機、昭和電工などに勤めた後、岐阜市で繊維製品卸業を営む[2]。その後、岐阜県議会議員[2]を経て、1968年第8回参議院議員通常選挙において公明党公認で全国区から立候補して当選する[3]1974年第12回参議院議員通常選挙には出馬しなかった。この他、公明党中央委員、公明党岐阜県本部長などを歴任した[2]。1976年死去[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、592頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』322頁。
  3. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』550頁。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』 日外アソシエーツ、2017年。