上田哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
上田哲
うえだ てつ
生年月日 1928年2月26日
出生地 東京都文京区
没年月日 (2008-12-17) 2008年12月17日(80歳没)
死没地 東京都文京区
出身校 京都大学法学部
前職 NHK職員
所属政党日本社会党→)
護憲新党あかつき→)
スポーツ平和党→)
社会党

選挙区 旧東京2区
当選回数 5回
在任期間 1979年10月8日 - 1993年6月18日

選挙区 全国区
当選回数 2回
在任期間 1968年7月7日 - 1979年9月24日
テンプレートを表示

上田 哲(うえだ てつ、1928年(昭和3年)2月26日 - 2008年(平成20年)12月17日)は、日本政治家ジャーナリスト労働組合運動家

衆議院議員(5期)、参議院議員(2期)を歴任した。

来歴[編集]

東京都文京区生まれ。旧制東京府立第五中学校(現東京都立小石川高等学校)、旧制新潟高等学校京都大学法学部卒業。京大卒業後、高等学校の非常勤講師(英語科)を経て、日本放送協会(NHK)に入局し、社会部に所属。

1961年、生ワクチンによるポリオ根絶をめざす「上田プラン」を提唱し、ポリオ撲滅運動の原動力になる。その後日本放送労働組合中央執行委員長、全日本マスコミ共闘会議の初代議長を務める。当時のニックネームは「NHKの闇将軍」「上田天皇」。

1968年、NHKを退職し、第8回参議院議員通常選挙参議院全国区から出馬し、高い知名度を生かして石原慎太郎青島幸男に次ぐ得票数3位で初当選。1974年第10回参議院議員通常選挙には東京地方区から出馬し、同区トップの得票数で再選(この時の上田の当選以降、社会党は後継政党の社会民主党も含めて、東京地方区及び東京都選挙区で議席を獲得できていない)。1979年、任期途中で参院議員を辞職。第35回衆議院議員総選挙に社会党公認で旧東京2区から出馬し、得票数2位で当選(トップ選は公明党鈴切康雄)。参院同期当選の石原慎太郎も同じく衆院に鞍替えして旧東京2区から出馬し、上田に次ぐ得票数3位で当選した。この時のみ上田が旧東京2区で石原の得票数を上回ったが、以後は石原の後塵を拝し続け、トップ当選の石原を上田や公明党鈴切康雄遠藤乙彦民社党大内啓伍自由民主党新井将敬日本共産党榊利夫岡崎万寿秀らが追う構図が続いた。1991年日本社会党委員長選挙に立候補するが、田邊誠に敗れる。旧東京2区では5回連続で当選したが、1993年第40回衆議院議員総選挙で社会党惨敗の煽りを受け、落選。

1994年、社会党が細川内閣の下で小選挙区比例代表並立制導入を柱にした選挙制度改革に賛成したため、社会党を離党。護憲新党あかつきを結成し、委員長に就任する。

1995年東京都知事選挙無所属で立候補したが、青島幸男石原信雄岩國哲人大前研一ら有力候補がひしめく中、得票数5位で落選した(当選者は青島幸男)。同年の第17回参議院議員通常選挙では、アントニオ猪木が率いるスポーツ平和党に合流し、名簿2位で比例区から出馬したが落選(なお、都知事選で落選した大前研一平成維新の会を率いて出馬したが落選)。以後、2000年社会党を結成し衆議院比例東京ブロック参議院東京都選挙区から出馬したが、国政復帰は果たせなかった。

2003年には医師作家なだいなだが立ち上げたバーチャル政党・老人党に賛同し、落語家で立川流家元の立川談志、探検家の西丸震哉と共に老人党東京を結成。またインターネットTV「世論力TV」の運営や、雑誌「月刊マスコミ市民」の編集にも携わっていた。

2008年(平成20年)12月17日、肺炎のため東京都文京区の病院で死去。享年80。

人物[編集]

著書[編集]

  • 「逆想の「非武装中立」」(廣済堂出版 1983)
  • 「こんなに損していた日本人―社会党がやると日本はこうなる」(青春出版社 1989)
  • 「社会党大好き!」(データハウス 1993)日本地方新聞協会賞特別賞受賞
  • 「社会党への涙」(データハウス 1994)小沢遼子共著
  • 「日本をダメにする10人の政治家」(データハウス 1994)
  • 「東京絶望論」(データハウス 1995)
  • 「政治バカ入門―上田哲の敗戦記」(データハウス 1995)
  • 「上田哲が、一人で最高裁を追いつめた本邦初の裁判「国民投票法・合憲」「小選挙区法・違憲」逃げた首相と議長と裁判官たち」(データハウス 2001)
  • 「戦後60年軍拡史」(データハウス 2006)

脚注[編集]

  1. ^ 「社会党への涙」(データハウス社 1994)

外部リンク[編集]


議会
先代:
沢田広
日本の旗 衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長
1990年 - 1991年
次代:
渡部行雄
先代:
戸田菊雄
日本の旗 参議院社会労働委員長
1977年 - 1978年
次代:
和田静夫