目黒今朝次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
目黒 今朝次郎
めぐろ けさじろう
生年月日 (1922-06-07) 1922年6月7日
出生地 日本の旗 宮城県
没年月日 (2012-06-21) 2012年6月21日(90歳没)
死没地 日本の旗 宮城県仙台市
前職 参議院議員
所属政党 日本社会党社会民主党

日本の旗 参議院議員
選挙区 全国区
当選回数 2
在任期間 1974年7月10日 - 1986年7月7日
テンプレートを表示

目黒 今朝次郎 (めぐろ けさじろう、1922年6月7日 - 2012年6月21日)は、日本政治家。元日本社会党参議院議員。物価等対策特別委員長、社会労働委員長。

略歴[編集]

宮城県生まれ。日本国有鉄道機関士を経て労働組合活動に転じ、国鉄動力車労働組合委員長を務め、1974年の第10回参議院議員通常選挙全国区から立候補し、初当選。以降、連続2期務めた。

初当選の際の選挙運動では動労の支援を受けたが、その際、動労執行部が組合員に強制的な選挙支援を行った。これが、動労から全動労が分裂するきっかけとなった。

1978年5月12日に参議院で新東京国際空港の安全確保に関する緊急措置法案の採決が行われた際、反対演説を行った[1]

2012年6月21日、肺炎のため、死去[2]。90歳没。

参考文献[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 参議院会議録情報 第084回国会 本会議 第21号”. 国会会議録検索システム. 国立国会図書館. 2019年5月12日閲覧。
  2. ^ 目黒今朝次郎氏死去(元社会党参院議員) 時事通信 2012年6月26日閲覧
議会
先代
粕谷照美
日本の旗 参議院社会労働委員長
1982年 - 1983年
次代
石本茂