石田次男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石田 次男
いしだ つぎお
生年月日 1925年2月24日
出生地 秋田県鹿角市
没年月日 (1992-02-04) 1992年2月4日(66歳没)
死没地 神奈川県横浜市
出身校 旧制芝浦工業専門学校
(現・芝浦工業大学
所属政党 (無所属→)
(公明政治連盟→)
公明党
親族 弟・石田幸四郎

選挙区 全国区
当選回数 1回
在任期間 1959年6月2日 - 1965年6月1日
テンプレートを表示

石田 次男(いしだ つぎお[1]1925年2月24日 - 1992年2月4日)は、日本政治家宗教家公明党所属の参議院議員創価学会理事、初代九州総支部長を務めた。

経歴[編集]

1925年2月24日秋田県鹿角市生まれ[1]芝浦工業専門学校を卒業後、1950年1月、創価学会に入会する。創価学会秘書室を経て、聖教新聞編集長、1951年7月11日、男子部第一部隊長(小岩、向島、城東各支部青年部担当)、1953年1月2日、創価学会小岩支部長に就任し、特に教学方面を担当する。

1953年、創価学会理事に就任する。

1957年10月13日、九州総支部が結成され、初代総支部長となる。

1959年、創価学会の支援を受け、第5回参議院議員通常選挙に立候補し、当選する。災害対策特別委員長を歴任した。

1964年、創価学会が中心となり結成された公明政治連盟(後に公明党に改称)に参加する。党内では重要な役職にはつかなかった。

1965年第7回参議院議員通常選挙に立候補せず、政界を退く。

創価学会への復帰後は、会長・池田大作を中心とする創価学会の活動とは距離を置いた。後に池田らの仏法説を「内外一致の妙法」、「六師義・外道説」であると批判し、創価学会とは没交渉の状態になり、宗門である日蓮正宗とも縁が薄くなった。

1980年、日蓮正宗の反創価学会派僧侶の一部により正信会が結成された際には、その理論的支柱となった。日蓮正宗が創価学会と離別した後には、石田の所説をしばしば援用した。

1992年2月4日神奈川県横浜市の病院で死去した[2]。この際、原稿用紙600枚に及ぶ「池田への諫言」と称する遺言書を残した。

人物[編集]

  • 創価学会への入会後から1年にも満たない時期に、当時の会長・戸田城聖から教学面の理解の高さを買われ、『折伏教典』の第一章「生命論」の執筆を命じられた[3]
  • 創価学会において、戸田の後を継ぐ次期創価学会会長の声が出るほどのサラブレッド的存在であった[3]
  • 28歳の若さで創価学会理事に就任した[3]
  • 戸田会長の死後、会長職を望めば狙える地位にいたが、週刊文春は記事の中で「誠実だが病弱でありトップに立とうとする欲望が無かった」と評している[4]
  • 池田大作著『人間革命』第12巻150頁-154頁 登場人物 石川幸男のモデルとなった。

親族[編集]

著書[編集]

  • 『六師義は正理なのでしょうか』
  • 『内外一致の妙法 - この有り得べからざるもの』 縁友会、1995年。
  • 『現代諸学と仏法 (1-2) 』 日経企画出版局。

教学研究団体[編集]

役職歴[編集]

  • 創価学会秘書室
  • 聖教新聞編集長
  • 創価学会男子部第一部隊長
  • 創価学会小岩支部長
  • 創価学会理事
  • 創価学会九州総支部長
  • 参議院災害対策特別委員長

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 新訂 政治家人名事典 明治~昭和『石田 次男』 - コトバンク
  2. ^ “石田次男氏死去”. 朝日新聞: 朝刊31面. (1992年2月7日) 
  3. ^ a b c 古川利明 『システムとしての創価学会=公明党』 第三書館、1999年。 ISBN 978-4807499229
  4. ^ 週刊文春12月2日号43、44ページより引用
名誉職
先代:
鮎川金次郎
最年少参議院議員
1959年7月 - 1965年7月
次代:
矢追秀彦