創価

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

創価そうか)は、「価値創造」を意味する語[1]

概要[編集]

「創価」は、創価学会初代会長の牧口常三郎と2代会長の戸田城聖の間で交わされた師弟対話から生まれた言葉であり、それに由来する造語である。

「価値創造」でいう価値とは、牧口の独自の教育論である創価教育学説で展開される価値論(人生の目的である幸福とは価値を創造し、実現していくことにある)に基づく概念である。

脚注[編集]

  1. ^ 創価学会が目指すもの - 創価学会公式ホームページ「SOKAnet」より