宗教政党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宗教政党(しゅうきょうせいとう)とは、宗教を基調とする政党のこと。

概要[編集]

宗教政党とは、宗教的な動機で主に宗教団体を母体に設立されたり、宗教を背景とした主張を主体に政治活動をする政党のことである。

世界における宗教政党[編集]

ヨーロッパなどにおけるキリスト教民主党など。特に旧西独時代から続くドイツドイツキリスト教民主同盟がよく知られている。なおキリスト教系の政党から始まった国際組織、中道民主インターナショナルが存在する。

イスラム世界では、政党は政教分離世俗主義)政党とイスラム教系の宗教政党に分類されている。

インドではヒンドゥー教を基盤とするインド人民党シヴ・セーナーシク教を基盤とするアカリ・ダルなどが存在し、政教分離世俗主義インド国民会議共産党と対立している。

日本[編集]

  • 公明党 - 現在、日本の政党要件を満たしている唯一の宗教政党。ただし、公明党が宗教政党であるとの見解には異論がある。例えば九州大学名誉教授の薮野祐三は公明党が宗教団体を主な支持基盤としていることを確認した上で、公明党そのものは宗教政党ではないと規定している[1][2]
  • 幸福実現党 - 政党要件を満たさないが、市町村議会議員がいる政党・政治団体。

過去にあった宗教政党[編集]

真理党日本正理党日本キリスト党世界浄霊会立憲養正會なかよしの党などがあった。

このうち立憲養正會については国柱会を母体に設立されたものの現在では国柱会からの支持はなく、現在では宗教政党ではなく国家主義右翼団体に位置する。

現存する宗教政党一覧[編集]

キリスト教[編集]

イスラム教[編集]

仏教[編集]

ヒンドゥー教[編集]

ユダヤ教[編集]

新宗教[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 藪野祐三 『現代日本政治講義 自民党政権を中心として』(2019年、北海道大学出版会) p.39
  2. ^ 藪野祐三 「個人化進む社会を包摂するネットワークの創造」