戸田城聖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戸田 城聖
とだ じょうせい
戸田 甚一
とだ じんいち
Josei Toda.jpg
生年月日 1900年2月11日
出生地 石川県加賀市
没年月日 1958年4月2日(満58歳没)
死没地 東京都千代田区駿河台日本大学病院
出身校 中央大学経済学部
称号 経済学士
配偶者 戸田 幾枝

在任期間 1951年5月3日 - 1958年4月2日

在任期間 1940年10月20日 - 1950年11月12日
テンプレートを表示

戸田 城聖(とだ じょうせい、1900年明治33年〉2月11日 - 1958年昭和33年〉4月2日)は、日本宗教家教育家実業家

創価教育学会理事長(初代)、創価学会会長(第2代)、法華講総講頭などを歴任した。

出生名、戸田 甚一(とだ じんいち)。数度の改名を経て「城聖(じょうせい)」と名乗る。戒名は、大宣院法護日城大居士。

略歴[編集]

来歴[編集]

教員として[編集]

教職者として戸田は現場教育に必要なものをまとめ上げ、文部大臣に建白書を提出する。20歳の時に上京。牧口常三郎に出会い、東京市立西町尋常小学校の代用教員として採用された。その後、一時期は教職を退き職を転々とする傍ら、院外団に身を投じ、犬養毅の側近であった立憲政友会所属の衆議院議員古島一雄の知遇を得る。

入信と事業経営[編集]

妻子を病気で失い、自らも肺結核を患う中、牧口常三郎折伏によって戸田も入信。前後して、現在の学習塾の先駆けである「時習学館」を主宰し、学習参考書の走りともいえる『推理式指導算術』を出版する。『推理式指導算術』は評判を呼び、100万部を超えるベストセラーとなった。当時の受験生からは「受験の神様」と呼ばれる。

これをきっかけにして本格的に出版事業に乗り出し、「日本正学館」を設立。牧口の教育理論である『創価教育学体系』や、作家子母澤寛小説などの出版を手がける。この『創価教育学体系』の初版が発刊された1930年(昭和5年)11月18日創価教育学会の設立日としている。なお、牧口の著作は「創価教育学会」が出版した。戸田は出版業以外に金融業証券業にも乗り出し、事業家として一定の成功を収める。1940年(昭和15年)の第2回総会で正式に創価教育学会理事長に就任し、学会の活動を主に財政面で支えた。

1943年6月、牧口とともに日蓮正宗総本山大石寺に呼ばれた戸田らは、第62世管長・鈴木日恭と堀日亨同席の下、庶務部長から「学会も一応、神札を受取けるようにしてはどうか」と申し渡されたがこれを拒絶する(「神札問題」)[3]。その後、創価教育学会は登山を禁止される。

戸田城聖(左)と牧口常三郎(右)
戸田記念国際会館(東京都新宿区

創価学会会長に就任[編集]

終戦後、戸田は日本正学館の通信教育と出版事業に取り組む傍ら、創価教育学会を「創価学会」に改め、組織整備を開始する。前身の創価教育学会は牧口の創価教育学を中心とした教職員による集まりであったのに対し、創価学会は日蓮正宗の信仰を中心に据え広く一般人を受け入れたため、会員数は増大した。

しかし、事業経営における戦前の主力だった算術書が学習指導要領の全面改正で無意味なものになり、事態打開のために参入した雑誌も売れ行きが低迷するなど、経営は悪化。1949年(昭和24年)10月、日本正学館は倒産する。戸田は東京建設信用組合を設立し営業を始めるが、多額の負債があるために今度は大蔵省から営業停止の命令を受け、破綻。1950年(昭和25年)8月24日、戸田は、創価学会理事長を辞任する。同年10月、大蔵商事(現:日章)を設立し、顧問に就任。

1951年(昭和26年)5月3日、東京・向島の常泉寺で式典を開き、後の大石寺65世法主堀米日淳臨席の下、第2代創価学会会長に就任する。

創価学会会長として[編集]

戸田は、事業家としての経験をもとに創価学会の運営を行った。戸田は就任演説において、7年間で75万世帯を折伏することを目標に掲げ、大規模な布教運動を行った[4]。しかし、強引な勧誘方法は各地で社会問題化した。

戸田会長時代に婦人部、男子部、女子部、学生部、その他人材グループなど現在の創価学会の主要な組織の編成がなされたほか、雑誌『大白蓮華』や機関紙『聖教新聞』が創刊された。1954年には国会地方議会の選挙に学会員を出馬させ、政治進出を果たし、後の公明党結成の布石となる。また、日蓮正宗の外護という創価学会本来の目的を果たすべく、大石寺への大講堂の建立・寄贈などを行った。宗門とは、第59世管長堀日亨、第63世管長秋山日満、第64世管長水谷日昇、第65世管長堀米日淳、第66世管長細井日達(会長在任当時は庶務部長・総監、戸田の没後に登座)らと良好な関係を築き、とりわけ第65世日淳とは縁が深かった。

その一方で、牧口が仏法思想にある原因結果の法則と自らの価値論を絡めた「罰論の功徳論」を展開したのに対し、戸田は戦後の荒廃した時宜に沿う形での「生命論」を提唱する。「生命論」は戸田が獄中で得た悟りをもとに月刊誌『大白蓮華』に発表したもので、創価学会が現代に即した法華経を展開するための核心的な理論となった。

大阪事件[編集]

1957年(昭和32年)、参議院大阪府選挙区の補欠選挙をめぐって、創価学会は組織ぐるみでの選挙違反事件を起こす(大阪事件)。個別訪問と買収の容疑で、青年部参謀室長池田大作、理事長小泉隆の最高幹部を含め、数十人が逮捕・起訴された。公判では創価学会最高幹部による指示の有無、証拠採用された自白の信用性が争われた。池田と小泉は無罪判決を得たが、2人以外の会員には有罪判決が下され、池田も拘留段階で個別訪問と買収容疑を認め自白し署名したことから無罪判決を得るまで5年近い年月がかかっている。戸田は両幹部の無実を信じ擁護したものの、違反を犯した会員に対しては起訴後、即除名などの厳しい処分を下した[5]

原水爆禁止宣言[編集]

1957年9月8日横浜市の三ツ沢競技場において原水爆禁止宣言を発表する。原爆そのものの存在が人類生命の危機であり、人類はその恐怖とそれを使おうとする心の作用(サタンと表現)を取り除かねばならない、と主張し、核実験に反対した。当日は「若人の祭典」がテーマであったが、戸田はこの宣言を弟子への遺訓の第一と定義し、その後の創価学会の反核運動の方向性を決定付けた。

大講堂竣工と突然の死[編集]

1958年(昭和33年)に入ると、寄進していた大講堂が竣工するのを受けて学会員に大石寺へ参詣するよう指示。3月16日には、大講堂で「広宣流布の模擬試験」を行う。青年部員6,000人が参加[6]、学会では「記念式典」と呼ばれている。戸田は広宣流布の一切の後事を青年部全体に託した。しかし、この式典をもって戸田の後継となる学会会長候補者を完全に指名していない。

同年4月1日急性心不全を起こし大石寺を離れたが、国鉄東京駅に着くころには、戸田の体調は悪化の一途を辿っていた[7]。東京駅からそのまま駿河台日本大学病院に直行し緊急入院するも、翌4月2日の夕方、死去。学会では死因を「急性心衰弱」と発表した。58歳没。4月8日、東京・池袋の常在寺で営まれた告別式には、12万人が焼香に訪れた。同年4月20日青山葬儀所で営まれた創価学会葬には25万人が参列した[8]

役職歴[編集]

著作・論文[編集]

  • 生命論(1949年6月、『大白蓮華』創刊号)
  • 日蓮大聖人御書十大部講義 1-4(1953年 - 1955年、創価学会
  • 人間革命 上下2巻(1957年7月、精文館書店
  • 方便品寿量品精解(1958年、精文館書店、編:日蓮正宗・多田省吾)
  • 戸田城聖先生巻頭言集(1960年、創価学会)
  • 戸田城聖先生論文集(1960年、創価学会)
  • 戸田城聖先生講演集(1961年、創価学会)
  • 戸田城聖先生質問会集(1963年、創価学会)
  • 戸田城聖全集
    • 戸田城聖全集 全5巻(1965年 - 1966年、和光社
    • 戸田城聖全集 全9巻(1981年 - 1990年、聖教新聞社

参考文献[編集]

戸田城聖を演じた人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小説『人間革命』より
  2. ^ 池田大作著『人間革命』第11巻 204-205頁
  3. ^ 池田大作著『人間革命』第11巻 204-205頁
  4. ^ 島田裕巳著『神サマのつごう 終末のフィールドワーク』(1992年法藏館ISBN 978-4831871992
  5. ^ 池田大作著『人間革命』第11巻
  6. ^ 当初は内閣総理大臣岸信介の参列も予定されたが、名代として安倍晋太郎が出席した。
  7. ^ 池田大作筆「随筆・人間世紀の光 128 桜花の『4・2』に恩師を思う」(聖教新聞 2007年4月1日付)
  8. ^ 大白蓮華』 2010年4月号 28頁 「会長就任50周年記念企画 永遠に師と勝利を共に」

外部リンク[編集]