続訓弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
続 訓弘
つづき くにひろ
生年月日 (1930-09-14) 1930年9月14日(87歳)
出生地 熊本県
出身校 中央大学法学部
専修大学大学院
前職 東京都副知事
所属政党 公明党→)
(公明→)
公明党
称号 旭日大綬章(2003年)

内閣 小渕第2次改造内閣
第1次森内閣
第2次森内閣
在任期間 1999年10月5日 - 2000年12月5日

選挙区 比例区
当選回数 2回
在任期間 1992年7月27日 - 2004年7月25日
テンプレートを表示

続 訓弘(つづき くにひろ、旧字体:續 訓弘1930年昭和5年〉9月14日 - )は、日本の政治家。東京都副知事参議院議員(2期)、総務庁長官(第232425代)を歴任した。

経歴[編集]

熊本県生まれ。中央大学法学部卒業、専修大学大学院修了。1953年8月、東京都庁に入庁した。東京都財務局主計部長、財務局長などの役職を歴任し、1983年5月に東京都知事鈴木俊一の下で東京都副知事に就任。1991年に副知事を退任した。

1992年第16回参議院議員通常選挙公明党公認で比例区から出馬し、初当選を果たした。1994年新進党結党を控え、公明党が公明新党、公明に分裂した際は、公明に参加した。

1998年1月、公明代表浜四津敏子の下、政策審議会長に就任。第18回参議院議員通常選挙には公明公認で比例区から出馬し、再選を果たす。同年11月、新党平和、黎明クラブ、公明が合流し公明党が再結成され、公明党代表神崎武法の下で中央幹事、両院議員副会長を歴任。

1999年10月、小渕再改造内閣総務庁長官に就任し、初入閣を果たした。2000年内閣総理大臣小渕恵三脳梗塞で危篤に陥り、小渕内閣は総辞職する。続く第1次森内閣でも総務庁長官に再任され、12月の内閣改造で退任する。その後、公明党副代表に就任。2001年7月、党常任顧問に昇格した。

2004年第20回参議院議員通常選挙には出馬せず、政界を引退。

人物[編集]

  • 東京都副知事の任期は、慣例では知事選のたびに交代するため4年であるが、続は東京都知事鈴木俊一の下、8年間にわたり副知事を務めた。
  • 創価学会員である。公明党所属の国会議員としては稀有な例である(他に草川昭三池坊保子がいる)。政教分離原則の批判をかわすために、公明党が意図的に国会議員に擁立したとされている。自自公連立政権発足時に公明党議員として最初に入閣したのも、この点が重視されたためとされている。
議会
先代:
山下栄一
日本の旗 参議院行政監視委員長
2001年
次代:
森本晃司
先代:
竹山裕
日本の旗 参議院行政監視委員長
1998年 - 1999年
次代:
浜田卓二郎
先代:
新設
日本の旗 参議院外交防衛委員長
1998年
次代:
及川順郎
先代:
及川順郎
日本の旗 参議院法務委員長
1996年 - 1997年
次代:
風間昶
公職
先代:
太田誠一
日本の旗 総務庁長官
第23・24・25代:1999年 - 2000年
次代:
片山虎之助